格安でiPhoneのバッテリー交換をする方法

スポンサードリンク

iPhoneのバッテリーは長く使っていると100%まで充電していても一日持たなくなったり、いくら充電しても20%以上増えなくなったりといった問題が発生します。

もちろん個人の使い方にもよりますし製品の当たり外れもあるとは思いますが、だいたい購入から1年も経てばバッテリー性能がかなり落ちます。

 

ほとんどの人は2年縛りで購入していますから騙し騙し使い続けていると思いますが、我慢できずにバッテリー交換したいという方もいらっしゃるはず。

そこで今回はiPhoneのバッテリー交換を格安で行なう方法を調べてみました。

※料金はすべて税抜き価格です。念のため依頼する前に確認して下さい。


スポンサードリンク


+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

まだ間に合う! 7&7Plus在庫あり

おとくケータイ.net

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

バッテリー交換の方法は?

iPhoneのバッテリーを交換する方法は、大きく分けて3パターンあります。

  • AppleStore、またはiPhoneの正規サービスプロバイダで交換してもらう
  • 正規店以外の修理業者で交換してもらう
  • バッテリーを購入して自分で交換する

 

料金を比較してみる

それぞれの料金を比較してみると・・・

AppleStore、または正規プロバイダの場合

全機種共通で9,400円(税抜)となっています。

 

修理業者の場合

【A社の場合】

5s5,800円
5c5,800円
55,800円
4s4,800円
42,800円

(郵送の場合、上記料金+配送料金+振込手数料)

 

【B社の場合】

6Plus6,800円
66,800円
5s4,800円
5c4,800円
54,400円
4s4,800円
4要問合せ

(郵送の場合、上記料金+送料500円+代引き手数料315円)

 

自分でバッテリー交換する場合

自分でバッテリー交換するためには、もちろんバッテリー本体が必要になりますが、最近ではネット通販で手軽に購入することができます。

おそらく最安料金でiPhoneのバッテリー交換を行なうことが可能でしょう。

 【自分で修理.com】

64,980円
5s3,480円
5c3,480円
52,980円
4s2,980円
42,980円

 (上記料金+メール便の送料250円)

※代引きの場合は手数料324円が別途かかります。

激安パーツ専門店【自分で修理.com】

 

チェックポイント

『自分で修理.com』バッテリー交換用の工具がすべてセットになっているため、業者に交換を依頼するよりもかなり安く上げることができる。
(例えばiPhone5sの場合、正規店での料金と比べ約5670円も安く交換することが可能)

今のところiPhone6s用バッテリーは販売していません。

各種クレジットカードでの支払いに対応。

iPhone本体を預ける必要がないので、個人情報が漏れることがない。

 

まとめ

 今回はバッテリー交換にかかる費用を比較してみました。

とにかく安く交換したい方は『自分で修理.com 』でパーツを購入し、自分で交換するのがおすすめです。

何より個人情報漏洩の心配がないというのが最大の利点ですよね。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)