iPhoneのSafariでプライベートが押せない時の対処法

閲覧履歴や検索履歴を残すことなくWebサイト閲覧することができる、Safariアプリの便利な機能である『プライベートブラウズ』。

通常なら、Safariアプリ内で画面右下にあるタブアイコンをタップすることで切り替えることが可能なのですが、「プライベートボタンがグレーになっていて押せない!」と困っているユーザーが多いようです。

ここではiPhoneのSafariでプライベートが押せない時の対処法について紹介していきます。

こんな時だからこそ、家でのんびり楽しみませんか?
140,000以上の作品が見放題です。
無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません。
U-NEXT
\ あいみょん最新ライブ /
\ 独占配信中!(4/1〜) /

 

機能制限のチェック

機能制限の設定で閲覧できるWebコンテンツを制限している可能性があります。

ちなみに機能制限がかかっている場合、閲覧履歴の削除も行えません。

下記手順にて設定を確認して下さい。

 

1.『設定アプリ』を起動する

      ↓

2.『スクリーンタイム』をタップする

      ↓

3.『コンテンツとプライバシーの制限』をタップする

      ↓

4.『コンテンツ制限』をタップする

      ↓

5.『Webコンテンツ』をタップする

      ↓

6.『無制限アクセス』にチェックマークを入れる

 

「プライベート」の文字自体が表示されない場合

プライベートの文字自体が表示されていない場合は、ファミリー共有の機能により親機側で制限されている可能性があります。

親機のアカウント(保護者アカウント)からWeb閲覧に関する制限をしていないか確認してみて下さい。

 

iOSソフトウェアのアップデートを行っていない場合

一部のiOSバージョンにて、プライベートブラウズが利用できない不具合が発生していたケースがあります。

最新版のiOSでない場合は、ソフトウェアをアップデートしてみてください。

 

1.『設定アプリ』を起動し、『一般』をタップする

      ↓

2.『ソフトウェア・アップデート』をタップする

      ↓

3.『ダウンロードとインストール』をタップする

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。