iPhoneのボタンが壊れたときにスクリーンショットを撮る方法!

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

アイフォンでは『ホームボタン』と『スリープ(電源ボタン)』を同時に押すことでスクリーンショットを撮ることができます。
(ちなみにスクリーンショットとは、画面をそのまま画像として保存すること)

アイフォンユーザーの中にはどちらかのボタンが陥没したり故障してスクリーンショットが撮れないと悩んでいる方が多いようです。

 

ここではホームボタン・スリープボタンのどちらかが壊れたときにスクリーンショットを撮る方法を説明していきます。

スクリーンショットを撮る準備

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』と進む。

『AssistiveTouch』をオンにすると、灰色のアイコンが現れる。
(ちなみにこのアイコンドラッグすることで、画面の端なら好きな場所に移動できる)

IMG_2402

 

これで準備はOKです。

スクリーンショットを撮る

まずは撮りたい画面を表示させる。
(ここでは分かりやすいようにホーム画面にしていますが、アプリ内など別の画面でも大丈夫です)

先ほどの灰色のアイコンをタップ。

そうするとメニューが表示されるので、『デバイス』をタップ。

IMG_3005

 

次に『その他』をタップ。

IMG_3006

 

そして『スクリーンショット』をタップすれば、その画面を撮ることができました。

IMG_3007

 

画像は『写真アプリ』の中に保存されており、通常の写真と同様に管理できます。

なお、この方法で撮ったスクリーンショットには、灰色のアイコンは写らないので邪魔になりません。

 

最後に

今回はホームボタンやスリープボタンが壊れたときにスクリーンショットを撮る方法を紹介しました。

 

もしあなたのアイフォンがホームボタンは使えるがスリープボタンだけ壊れたという症状の場合は、撮るとき以外は灰色のアイコンを非表示にできる。

普段の操作時にアイコンが邪魔にならなくなるので設定しておこう。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』と進み、一番下の『ショートカット』をタップ。

”ホームボタンのトリプルクリック”の項目の『AssistiveTouch』にチェックを入れる。

IMG_2424

 

これでどんな画面でもホームボタンを3回素早く押すことで、灰色のアイコンを出すことができます。

 

※AssistiveTouchでできるスクリーンショット以外の操作に関しては、こちらで詳しく紹介しています。

関連:画面上の仮想ボタンで様々な操作をする方法

 

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年6月追記:
現在、大好評のため端末入荷待ちとなっています。
予約受付/順次発送となりますので、興味のある方は早めに確保しておいたほうが良いかもしれません。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)