iPhoneの指紋認証がポケット内で反応して困るときの対処法

アイフォン5sから搭載されたTouchID(指紋認証)機能。

ロック画面からの解除やAppStoreでアプリをインストールする際、パスコードを入力することなくホームボタンに指をかざすだけで行える非常に便利な機能です。

 

アイフォン6、アイフォン6sと新機種が登場するたびに指紋認証の感度が高くなっており、よりストレスなく利用できるようになってきています。

しかし感度が良くなったのは嬉しいのですが、逆にアイフォンをポケットから出すときやポケット内でホームボタンに指が当たってしまい、勝手にロック解除してしまって困るという方もいるんじゃないでしょうか。

 

ここではTouchID(指紋認証)がポケット内で反応して困るときの対処法を説明していきます。

指紋認証が勝手に反応する原因

指紋認証が意図せず反応してしまうのは、ほとんどの方が親指や人差し指で登録していることが原因です。

アイフォン本体を取り出すときに、どうしても親指や人差し指、中指などを使います。

 

普段、当たることの少ない別の指で登録しておきましょう。 

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『TouchIDとパスコード』をタップする

設定アプリ TouchIDとパスコード

 

3.パスコードを入力する

パスコード入力 6桁

 

4.『指紋1』を左にスワイプする

151030-0001

5.『削除』をタップする

※同じように『指紋2』や『指紋3』など、登録されているものは全て削除しておきます。

151030-0002

6.『指紋を追加...』をタップする

151030-0003

 

7.通常どおりの方法で別の指で登録する

151030-0004

 

 

※じつはアイフォンの指紋認証は、指先以外の箇所でも登録することが可能です。

例えば下画像のように、人差し指の第二関節などでも登録できるわけです。

指紋認証が反応するためには、ホームボタンを一度押す必要があり、登録した箇所をかざすだけではロック解除できません。

指の裏側で登録した場合、偶然が重なる可能は極めて低くなるはずです。

指紋認証 変わった場所

 

最後に

今回はiPhoneの指紋認証がポケット内で反応して困るときの対処法を紹介しました。

 

TouchIDを指先以外で登録した場合、寝ている間にあなたの指を利用してロック解除される危険が低くなるという意味でもオススメです。

これを機に登録箇所を変更しておきましょう。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・
  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい
今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。 また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト
2019年7月追記: 大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)