iPhone、Webサイトデータとは?JavaScriptとは?

ここではiPhoneの設定アプリ内の、Safariの項目にある『Webサイトデータ』と『JavaScript(ジャバスクリプト)』の2つの機能について詳しく説明しています。

Webサイトデータとは?

Webサイトデータというのは、WebブラウザであるSafariにてページを閲覧した際に自動保存された「閲覧履歴」、「キャッシュ」、「Cookie」などのデータです。

これらのデータは、ユーザーの訪問したページ履歴を元に最適なデータやコンテンツを表示させたり、画像や文章、背景などを保存しておき、次に訪問した際にはそれらのデータと最新のデータの差分のみをダウンロードすることでデータ通信量を抑えたり、ページの読み込みを速くすることにも使われます。

Webサイトデータを確認する方法

Webサイトデータを確認したり削除するには設定アプリから行います。
※画像は一部iPhoneXのものを使用しています。

1.『設定アプリ』を起動する

      ↓

2.『Safari』をタップする

      ↓

3.『詳細』をタップする

      ↓

4.『Webサイトデータ』をタップする

      ↓

5.『Webサイトデータ』に保存されている、Webサイトごとの保存されたデータのサイズ一覧が表示される。

※削除する場合は、一覧から該当のデータを左にスワイプして下さい。『削除』ボタンが現れます。

 

Webサイトデータを一括削除するには・・・

Webサイトデータを全て消去する場合は、『設定』→『Safari』と進んで頂き、『履歴とWebサイトデータを消去』をタップすることで一括して消去することも可能です。

 

 

スポンサーリンク

 

JavaScriptとは?

JavaScriptというのはプログラム言語の一種で、SafariなどWebブラウザ上でコンテンツを再生したり、ブラウザ上で動作するアプリなどのWebサービスを実行する際などに利用されます。

JavaScriptを確認する方法

JavaScriptの設定状況を確認するのも、設定アプリから行います。

1.『設定アプリ』を起動し、Safari』→『詳細』とタップする

      ↓

2.『JavaScript』の設定状況が確認できる。(画像はオフ状態)

 

最後に

WebサイトデータもJavaScriptも、SafariにてWebサイトを閲覧する際にユーザーに使い勝手の良さや色々な機能を提供します。

また、Webサイトデータはデータ通信量の削減にも効果を発揮する場合があります。JavaScriptの使用を前提としたサイトでは、オフにするとレイアウトが乱れる場合もあります。

 

しかし、Webサイトデータは保存されたデータの量が大きくなるとストレージ容量を圧迫している場合もありますので、削除することでストレージの空き容量を増やすことも出来ます。

どのくらいのWebサイトデータが保存されているのか確認したり、JavaScriptではよく訪問するサイトにて、オンとオフでサイトの表示がどう変化するかを確認し、自身の使い方にあった方を選択してみるのがおすすめです。



今、めっちゃ売れてます!

「かじがや!もうアップルの人よりアップルの人やん!」

談:サバンナ高橋


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)