iPhoneのモバイルデータとは?節約するための設定

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

モバイルデータ通信とは?

モバイルデータ通信というのは、携帯電話回線を用いたデータ通信のことです。

Safariでインターネットを見ている場合や、ニュースアプリでニュースを見たりする際には、そういったネット上のデータを携帯電話基地局との間でやりとりしています。
また、Google Mapsやインターネット・バンキング、ゲームなどのアプリもネット上のサーバーなどとデータをやりとりしていますので、多くの場面でモバイルデータ通信が行われています。

iPhoneでは画面右上のアンテナピクトの横にキャリア名などと共に『4G』『LTE』などと表示されている場合はモバイルデータ通信が可能な状態です。
扇状のアイコンが表示されている場合はWi-Fiで通信している状態ですので、モバイルデータ通信が行われていないことになります。

使いすぎた場合は?

モバイルデータ通信で使える容量、キャリアによってはCMなどで『50GBでも月間○○円!!』などと説明しているように契約しているプラン毎にモバイルデータ通信量の上限が決まっています。

通常は1ヶ月に使えるモバイルデータ通信容量ごとに複数のプランが提供されています。使いすぎた場合にどうなるかを毎月1日にリセットされるケースから考えてみます。3GB(3ギガ)のプランで契約しており、その月の20日に上限の3GBに達してしまったとします。
そうするとそれ以降、月末まではモバイルデータ通信速度に制限がかかり、インターネットでのページ読み込みなどが大幅に遅くなってしまいます。

これを解除するには追加で1GBごとに1,000円などのデータ定額パック(契約キャリア毎に異なる)などを購入し、上限を引き上げて引き続き高速データ通信を利用するか、大幅に遅い通信速度でリセットされる月末までの10日間弱を過ごすかを選択する必要があります。

ただし、モバイルデータ通信の速度が制限されるのはあくまでも『4G』や『LTE』などの携帯電話回線を使用した場合ですので、ご自宅のWi-FiやフリーのWi-Fiスポットなど、Wi-Fiを通じたデータ通信はそれとは関係なく、そのWi-Fi回線に応じた高速データ通信を行うことが可能です。

※フリーのWi-Fiスポットによっては通信速度を制限している場合もあります。

 

通信制限とその解除時期、追加チャージなど、各キャリアのルールについては、下記記事を参考にして下さい。

 

節約するための設定

iPhoneに限らずスマートフォンはガラケーと比較してリッチなコンテンツを利用でき、また、多くの便利なアプリが利用可能ですのでモバイルデータ通信量を多く消費する傾向にあります。

ここでは、モバイルデータ通信量を節約するための設定を確認してみます。

アプリごとにモバイルデータ通信を制限する

iBooksなど、大きめのコンテンツをダウンロードするアプリなどはモバイルデータ通信の利用を制限して、Wi-Fi接続でのデータ通信のみを行うようにします。

1.『設定アプリ』を起動し、『モバイル通信』をタップする

      ↓

2.モバイルデータ通信の利用を許可しないアプリのスライドスイッチをオフにする

      ↓

3.更に下にスクロールして表示される『Wi-Fiアシスト』をオフにすれば、Wi-Fiが切断された場合などにモバイルデータ通信が代用的に行われてしまうのも防止できる

 

iTunesストアなどで購入したコンテンツの自動ダウンロードを行わない

iTunesストアで購入した『ミュージック』など、コンテンツのダウンロードにモバイルデータ通信を使用しないように設定することも節約するのには有効です。

1.『設定アプリ』→『Apple ID』から『iTunesとApp Store』をタップする

      ↓

2.モバイルデータ通信での自動ダウンロードを行わない場合は、スライドスイッチをオフにする

 

アプリのバックグラウンド更新を行わない

アプリを利用していない場合でも、バックグラウンドでコンテンツを更新する必要がない場合は、オフにすることで節約できます

1.『設定アプリ』→『一般』から『Appのバックグラウンド更新』をタップする

      ↓

2.『Appのバックグラウンド更新』自体をオフにする、Wi-Fiでの利用のみを許可するか、アプリごとにスライドスイッチをオフにしてモバイルデータ通信での更新を許可しないようにする

 

メール内の画像を自動的に読み込まない

メールに画像が埋め込まれているなど、場合によって不要な画像だったりもします。これを行うことで、画像をタップした場合のみサーバーから読み込むように設定され、モバイルデータ通信を節約することが出来ます。

1.『設定アプリ』→『メール』から『サーバー上の画像を読み込む』のスライドスイッチをオフにする(下画像はオンの状態)

 

最後に

今回記載した以外にも、動画アプリなどではモバイルデータ通信ではHD動画を利用せず、サイズの小さいSD動画のみに制限するなどで通信量を節約することが可能です。

また、動画配信アプリなどでは、あらかじめ動画をダウンロードしておく機能が備わっている場合があります。
自宅等のWi-Fi環境でダウンロードしておきオフラインでも閲覧できるようにしておけば、かなりの通信量を節約することができるでしょう。

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適な回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年6月追記:
現在、大好評のため端末入荷待ちとなっています。
予約受付/順次発送となりますので、興味のある方は早めに確保しておいたほうが良いかもしれません。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)