iPhone、画面上の仮想ボタンで様々な操作をする方法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

iPhoneには『AssistiveTouch』という、画面上に仮想ボタンを設置させることができる機能が備わっています。

ホームボタンや電源ボタン、音量ボタンなど物理的な操作をタッチスクリーンから行なうことができます。

 

ホームボタンが壊れてしまって操作できないときや、スクリーンショットがうまく行なえないときなどは、仮想ボタンから操作しましょう。

 

仮想ボタンからできる操作

仮想ボタンからでは以下の操作を行うことができます。

  • ホームボタンの操作
  • 電源ボタンの操作
  • 通知センターを呼び出す
  • コントロールセンターを呼び出す
  • マルチタスクを呼び出す
  • Siriを起動する
  • 画面を回転(左向き・右向き・縦向き・上下逆)
  • 画面の向きをロック・解除
  • 音量を上げる・下げる
  • 消音
  • スクリーンショット
  • ダブルタップ
  • トリプルクリック
  • 3D Touch
  • シェイク
  • ピンチ
  • カスタムジェスチャ

電源ボタンの操作は、『画面をロック』のアイコンから行なってください。

・『画面をロック』をタップ
     →スリープ状態にする

・『画面をロック』を長押し
     →電源オフ状態にする

 

 

仮想ボタンを表示させる方法

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『アクセシビリティ』をタップする

アクセシビリティ

 

4.『AssistiveTouch』をタップする

アクセシビリティ AssistiveTouch

 

5.『AssistiveTouch』をオンにする

※仮想ボタン(灰色のアイコン)が画面上に現れます。

アクセシビリティ 灰色のアイコン

 

※仮想ボタンをタップすればメニューアイコンが表示され、各操作が行なえます。

また、ドラッグして仮想ボタンを好きな場所に移動させることが可能です。(画面上下左右の端に接している場所のみ)

 

『デバイス』『その他』をタップすることで、下層メニューに切り替わります。

160204-0002160204-0003160204-0004

 

最後に

今回は仮想ボタンで様々な操作をする方法をお伝えしました。

 

このAssistiveTouchがあれば物理ボタンでの操作をすべて行えますので覚えておきましょう。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年7月追記:
大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)