iPhoneを探す機能は電源オフの状態では使えるの?【疑問】

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

iPhoneには紛失したり盗難にあったときに、パソコンや別の端末のiCloud.comから見つけることができる『iPhoneを探す』という便利機能が備わっています。

ただこの機能、iPhoneの電源が切れているときや機内モードになっているときは使えるのでしょうか。

 

実際に自分で検証してみたら分かることなのですが、ここでは『iPhoneを探す機能は電源オフの状態では使えるの?』について説明していきます。

電源オフのときは・・・

iPhoneの電源がオフになっている状態では、位置情報を送信できないため”iPhoneを探す”機能は利用できません。

もちろんスリープ状態のiPhoneでは利用できるので安心してください。

151012-0001

 

※元々電源を落としている場合は追跡不可能ですが、下記手順で設定しておけばバッテリー切れで電源が落ちる前に位置情報を送信することは可能です。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『iCloud』をタップする

設定画面 iCloud2

 

3.『iPhoneを探す』をタップする

設定画面 iPhoneを探す

 

4.『最後の位置情報を送信』をオンにする

151012-0003

 

 

機内モードのときは・・・

機内モードにしているiPhoneでは電源を落としているとき同様、”iPhoneを探す”での追跡は行なえません。

ただし機内モードをオンにした後Wi-Fiを有効にすれば、位置情報の送信が行われるため利用することが可能です。

コントロールセンター Wi-Fi

 

※ちなみにiPhoneの盗難にあった際、機内モードにされてしまうと”iPhoneを探す”で追跡されない状態のままじっくりiPhoneの操作が行えることになります。

心配な方はロック画面からコントロールセンターへアクセスできないように設定しておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『コントロールセンター』をタップする

設定アプリ コントロールセンター

 

3.『ロック画面でのアクセス』をオフにする

設定画面 コントロールセンター ロック画面でのアクセス

 

おやすみモードのときは・・・

おやすみモードは機内モードとは異なり位置情報を送信することができますので、”iPhoneを探す”機能は問題なく利用できます。

その他、機内モードとおやすみモードの違いに関しては、『おやすみモードと機内モードの違い!一覧表まとめ』を参考にしてください。

 

最後に

今回は

  • 電源オフ
  • 機内モード
  • おやすみモード

の状態でiPhoneを探す機能が使えるのかについてお伝えしました。

普段はあまり利用することがない機能ですが、状況別でどうなるのか覚えておきましょう。

 

※万が一、『iPhoneを探す』が無効になった状態でiPhoneを失くした場合は、下記リンクを参考にして下さい。

関連:iPhoneを探すがオフの状態で紛失した時の対処法

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪



 


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)