iPhone、Safariの履歴を削除できないようにする方法

当サイトに「safari 履歴 削除できないようにする」の検索キーワードでアクセスがありました。

別の操作をしている際に誤って削除してしまわないように対処しておきたいのか、未成年の子供等の管理をするためなのか・・・

具体的な用途は不明ですが、iPhoneでは機能制限を利用することでSafariのWebサイト閲覧履歴を削除できないようにすることが可能です。

 

ここではSafariの閲覧履歴を削除できないようにする方法をご紹介します。
※下記の設定を行うと、プライベートブラウズ機能も利用できません。

こんな時だからこそ、家でのんびり楽しみませんか?
140,000以上の作品が見放題です。
無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません。
U-NEXT
\ あいみょん最新ライブ /
\ 独占配信中!(4/1〜) /

Safariの履歴を削除できないようにする手順

1.『設定アプリ』を起動する

      ↓

2.『スクリーンタイム』をタップする

      ↓

3.『コンテンツとプライバシーの制限』をタップする

      ↓

4.『コンテンツ制限』をタップする

      ↓

5.『Webコンテンツ』をタップする

      ↓

6.『成人向けWebサイトを制限』にチェックマークを入れる

      ↓

7.設定完了

Safariアプリを確認してみると、消去ボタンがグレーアウトしており履歴削除することができないようになっています。
通常なら履歴部分を左にスワイプで削除することも可能ですが、スワイプできなくなっています。

 

設定変更できないようにする

スクリーンタイム用のパスコードをあらかじめ設定しておくと、上記コンテンツ制限を解除する際にパスコードの入力が必要になります。
設定変更できないようにしたい場合は下記手順にてパスコードを設定しておきましょう。

1.『設定アプリ』で『スクリーンタイム』をタップし『スクリーンタイム・パスコードを使用』をタップ

      ↓

2.設定したい4桁のパスコードを2度入力する

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。