iPhone、勝手に音楽が再生されるのはなぜ?急に鳴る時の対処法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

アイフォンを使っていて勝手に音楽が再生された、という報告がたくさんあがっています。

音楽アプリを起動しているわけではなくロック画面の状態であっても、急に鳴りだしたという症状の方もおられます。

 

ここではアイフォンで勝手に音楽が再生されるときの対処法を説明していきます。

 

原因1:イヤホン

右イヤホンに付いている音量ボタンの”+”と”−”の間には、『センターボタン』というものが付いています。

イヤフォン ボタン

 

このセンターボタンを押すことで音楽の再生・停止することができる他、掛かってきた電話に出たりと様々な機能に対応しています。

Siriや音声コントロールが勝手に起動して困るという場合、おそらくセンターボタンの長押しが原因でしょう。

それ以外の使い方は『iPhone純正イヤホンの隠れた機能』をご覧ください。

 

もちろん知らない間に押さないよう気を付ければ良いだけの話ですが、ボタン自体が緩くなっている場合もあります。

カチッと押したときの感触がない場合は新品に交換しましょう。

原因2:バックグラウンド再生

safariやChromeなどのブラウザアプリからyoutube動画を再生したときや、その他の一部の音楽アプリではバックグラウンド再生に対応しています。

※youtubeの公式アプリではバックグラウンド再生することはできません。

こういうアプリで音楽を再生した後に停止してからアプリを閉じても、コントロールセンターの中央付近にある『再生ボタン』をタップすると音楽や動画の音声が再生されます。

コントロールセンター 音楽 バックグラウンド再生

 

防ぐためには音楽や動画を再生した後はホームボタンを押して終了させるのではなく、マルチタスク画面から該当アプリを放り投げて完全に終了させておきましょう。

マルチタスク アプリ 終了

最後に

バックグラウンド再生可能なアプリを完全に終了させていないときにイヤホンを挿していると、アイフォンがスリープ状態になっていてもイヤホンのセンターボタンを押せば音楽が再生されてしまいます。

バッテリー節約のためにも音楽アプリは完全終了させるクセをつけておきましょう。

 

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年6月追記:
現在、大好評のため端末入荷待ちとなっています。
予約受付/順次発送となりますので、興味のある方は早めに確保しておいたほうが良いかもしれません。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)