iPhoneストレージとは?iCloudストレージとは?

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

iPhoneストレージとは?

ストレージというのはiPhoneにアプリをインストールしたり、撮影した写真を保存する領域のことです。

 

ストレージの大きさは『容量:ギガ』で表され、購入する場合に『64ギガのモデルにしますか?256ギガのモデルにしますか?』などとストレージ容量を確認される機会も多いと思います。

多くのAndroid搭載スマホと異なり、iPhoneにはSDカードを入れて容量を増やすことが出来ませんので、購入時に選択するストレージ容量はその後の使い勝手に影響を与えます。

写真を多く撮影する場合はストレージ容量も余裕を持って選択する必要があります。

 

しかしながら、ストレージ容量と価格は比例していますので、容量の大きいモデルほど高価になります。

ちなみに、SDカードスロットは搭載されていませんが、Lightning端子に挿せるメモリやLightning-SDカードリーダーなどが発売されていますので、こうしたデバイスを通じてデータを移すことは可能です。

 

iPhoneストレージを確認する

現在のストレージの状態を確認するには設定アプリから行います。

1.『設定アプリ』を起動し、『一般』をタップする。

      ↓

2.『iPhoneストレージ』をタップする。

      ↓

3.ファイル種別ごとにどの程度の領域を使用しているかが確認できます。
ファイル種別は色分けされ、ミュージックやムービーなどの『メディア』『App』『写真』『メッセージ』の使用領域が確認できますが、その以外に『その他』という項目が表示されています。

「その他」の項目って何?

『iPhoneストレージ』に表示されている『その他』の項目の正体は何でしょうか? 

ここにはユーザーが保存したファイルなどではなく、iOSやブラウザが一時的に使用したキャッシュファイルやシステムファイルが含まれています。

これらのファイルは削除したり、ユーザーが操作することは出来ません。iPhoneを再起動したりした際には容量が小さくなったりします。

 

また、iPhoneを初期化した際にストレージを確認すると、『その他』はほとんどストレージを使用していないのが確認できます。

これからも、『その他』はiPhoneを使っていく中でシステムが一時的に使用したり、保存しているファイルであることが確認できます。

 

iCloudストレージとは?

iPhone本体内にデータやコンテンツを保存する領域がストレージですが、iPhoneではiCloudを通じたクラウド上のデータ保存領域である『iCloudストレージ』も利用できます。

『iCloudストレージ』を利用すると、同じApple IDに紐付いているiPadやMacBookなどと簡単にデータをやり取りするのが可能です。

 

また、MacBookなどのラップトップやパソコンを所有していない場合のバックアップデータ作成領域として『iCloudストレージ』を活用することも出来ます。

 

iCloudストレージが足りない時は

『iCloudストレージ』は無料で5ギガの領域を利用可能ですが、多くの写真を保存したり、バックアップデータの作成領域として使用しているとすぐに一杯になり足りなくなってしまいます。

引き続き『iCloudストレージ』を使用してこれらのデータの保存を行うにはストレージ容量を増やす必要があります。

その場合は『設定アプリ』から操作を行います。

 

1.『設定アプリ』を起動し、最上段の『ユーザー名』をタップする。

      ↓

2.『iCloud』をタップする。

      ↓

3.『iCloudストレージ』でもファイル種別ごとにどの程度の領域を使用しているかが確認できます。
『ストレージを管理』をタップします。

      ↓

4.『ストレージプランを変更』には、現在使える容量が表示されています。
こちらをタップしてストレージプランの変更手続きを行います。

      ↓

5.アップグレード出来る容量と金額(プラン)が表示されていますので希望のプランを選択します。

      ↓

6.プランを選択してチェックを入れたら、右上の『購入する』をタップします。

      ↓

7.ここで購入した有料プランは毎月自動的に更新されます。
5ギガの無料プランに戻したい場合などは『詳しい情報』を確認して更新の停止を行う必要があります。

 

最後に

ストレージを有効に活用するためには最初に余裕を持ったストレージ容量のモデルを購入する、不要なデータを削除する、データを移す、iCloudストレージの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、iPhoneを再起動することで『その他』の領域が減ることもありますのでストレージが減った場合にはどのファイル種別がストレージを使用しているかを確認するのも有効です。

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年7月追記:
大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)