iPhone、iTunesを使ってパソコンにバックアップする方法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

アイフォンではパソコンに接続してパソコン内にデータをバックアップすることができます。

パソコンにバックアップを取っておけば、いざという時に完全に元通り復元することができるので安心。

 

ここではiTunesを使ってパソコンにバックアップする方法を説明していきます。

(画像はすべてMac版です)

 

※iCloudにバックアップする場合は、下記記事をご覧ください。

事前準備

パソコンにバックアップするには、Appleが提供する専用ソフト『iTunes』が必要です。

1.iTunesをダウンロードする

まずはパソコンから下記ページにアクセスし、iTunesをダウンロードしてください。

>>>Apple

 

※『iTunes for Macintosh』と『iTunes for Windows』の2種類あります。

お使いのOSを選んでください。

150613-0002

 

2.画面左上の『iTunes』から『環境設定』をクリックする

※Windowsの場合は、画面左上の”四角い窓のようなアイコン”から『設定』をクリックしてください。

150613-0005

 

3.『デバイス』をクリック

150613-0003

 

4.『iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックを入れ『OK』をクリック

150613-0004

iTunesでバックアップを取る

1.アイフォンとパソコンを付属のケーブルで接続する

ケーブル 

2.『iPhoneアイコン』をクリックし『概要』をクリックする

PC iTunes 概要

 

3.『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れ『今すぐバックアップ』をクリック

『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れると、メールアカウントやWi-Fi、一部のアプリ向けのパスワードもバックアップされます。

バックアップが無事完了すると、バックアップした時間が表示されます。

iTunes バックアップ

 

※iTunesで作成したバックアップデータを使って復元する方法は下記記事にまとめています。

 

ワンポイント

iCloudならばiTunesへのバックアップとは異なり、特定の条件を満たせば毎日自動でバックアップしてくれます。

iCloudでは完全なデータのバックアップは不可能なので、マメにパソコンを利用するのがベストですが念のために普段はiCloudにもバックアップしておきましょう。

 

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年6月追記:
現在、大好評のため端末入荷待ちとなっています。
予約受付/順次発送となりますので、興味のある方は早めに確保しておいたほうが良いかもしれません。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)