iPhoneのリカバリーモードとは?復元する方法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

iPhoneのリカバリーモードとは?

iPhoneのリカバリーモードというのはiPhoneに不具合が発生した場合に、リカバリー(復元)を行う状態の事です。

  • リカバリーが必要になる主な不具合としては
  • 『Appleロゴが数分間画面に表示されたままで操作できない』
  • 『iTunesに接続してもリカバリーモードであることが表示される』
  • 『iOS アップデート中、または通常の復元中などに問題が発生して復旧できない状態になった場合』

などがあります。

 

操作中に不具合を感じてiPhoneを再起動した場合にシステムファイルにエラーなどが生じていると、上記のようなAppleロゴの画面のままで操作を受け付けなくなってしまうことなどもあります。

このような場合はiTunesに接続してiPhoneを初期化、復元する必要があります。

復元する方法

iPhoneを復元するにはiTunesに接続して行います。

1.『iTunes』を起動する

      ↓

2.iPhoneをリカバリーモードにする。
リカバリーモードが作動すると下のような画面になります。

リカバリーモードにする方法はお使いの機種により異なります。
※下記の各項目を参照して下さい。

iPhone 8 以降の機種

音量を上げるボタンを押してすぐに放す。次に、音量を下げるボタンを押してすぐに放し、「iTunes に接続」画面が表示されるまでサイドボタンを押し続ける。

 

iPhone 7 または iPhone 7 Plus の場合

サイドボタンと音量を下げるボタンの両方を押し続け、「iTunes に接続」画面を表示させる。

 

iPhone 6s 以前の機種

ホームボタンとサイドボタン(iPhone SEでは上部のボタン) を同時に押し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで押し続ける。

 

 

 

3.iTunesに接続して『アップデート』か『復元』をクリックする。

 

『アップデート』ではiOSの上書きが行われ、それが成功するとそれまでのデータが残ったままで使用することが出来ますが、『アップデート』でも不具合が解消されない場合は『復元』を行う必要があります。

『復元』をクリックした後は画面の指示に従ってiPhoneのリカバリーを行い、その後、『新しいiPhone』として設定するか、バックアップデータから復元するかを選択します。

 

最後に

iPhoneに不具合が発生した場合にはまず電源をオフにしてからまた立ち上げる再起動を試してみます。

しかし、再起動の後にAppleロゴの画面のままで操作を受け付けなくなってしまったり、再起動しても不具合が解消されない場合にはリカバリーを検討する必要があります。

 

リカバリーモードによる復元を行う場合はユーザーのデータが失われる可能性がありますのでiTunesにてバックアップを保存しておくか、iCloudによるバックアップを保存しておくのを検討しておくことをおすすめします。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)