iPhone、勝手にアプリがダウンロードされて困る時の対処法

同じAppleIDを利用している別のデバイス(iPadやMacなど)でアプリをダウンロードすると、iPhoneにも自動ダウンロードされる機能が備わっています。

非常に便利な機能ですが、一つのAppleIDを家族みんなで共有しているケースなどで自分のiPhoneに必要ないアプリまでダウンロードされて困る、という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんなときは設定を変更して勝手にダウンロードされないようにしておきましょう。

 

こんな時だからこそ、家でのんびり楽しみませんか?
140,000以上の作品が見放題です。
無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません。
U-NEXT
\ あいみょん最新ライブ /
\ 独占配信中!(4/1〜) /

自動ダウンロード機能を停止する

1,『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2,『iTunes&App Store』をタップする

設定画面 iTunes

 

3.『App』をオフにする

160305-0001

 

最後に

今回は勝手にアプリがダウンロードされて困る時の対処法を紹介しました。

必要ないアプリまで自動ダウンロードされると、バッテリーの消費が激しくなります。

便利ではありますが、基本的にはオフにしておきたい機能ですね。

 

ちなみに「アプリの自動アップデート」の機能も同様に、オフにしておくことでバッテリーの節約になります。

必要なければ、合わせてオフにしておきましょう。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。