iPhone、予測変換にユーザー辞書が出ないときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンではよく使う語句をユーザ辞書に登録しておくことができます。

ユーザ辞書に登録した単語は、1語2語入力した時点で予測変換に表示されるので素早く入力することができ非常に便利です。

 

しかしユーザ辞書に登録したものが予測変換に表示されなくなったという報告がいくつかあがっています。

ここではユーザー辞書に登録した語句が予測変換に出ないときの対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

予測変換に出ないときは

予測変換が正常に機能しないときの対処法はいくつかあります。

順に試してみてください。

対策1:iCloudに再ログインする

※iCloudから一旦サインアウトし、もう一度サインインすると改善されることがあります。

 

まず『設定アプリ』から『iCloud』と進み、『サインアウト』をします。

iCloud サインアウト

 

その後、再度AppleIDとパスコードを入力し、『サインイン』しましょう。

設定画面 iCloud AppleID入力


スポンサードリンク

対策2:iPhoneの再起動

※いくつかの設定をオンにした状態でアイフォンを再起動すると改善されることがあります。

 

『設定アプリ』から『一般』→『キーボード』と進み、下画像の各項目をすべてオンにする。

150924-0001

 

『スリープボタン』を長押しし、表示されるスライダーを右にスワイプする。

数秒後に再度『スリープボタン』を長押しする。

iPhone 再起動

 

変換学習をリセットする

※キーボードの変換学習をリセットすると改善されることがあります。

 

『設定アプリ』から『一般』→『リセット』と進み、『キーボードの変換学習をリセット』を選択。

パスコードを入力して『辞書をリセット』をタップする。

設定アプリ キーボードリセット

 

最後に

今回はユーザー辞書に登録した語句が予測変換に出ないときの対処法を紹介しました。

ユーザ辞書をうまく利用すると文字入力のスピードアップに繋がりますので、予測変換に出なくて困っていた方は試してみてください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)