iPhone6,7,8の水没マーク(液体侵入インジケータ)の場所は?

「iPhoneの液体侵入インジケータはどこに付いているの?」

と疑問に思っている方が多いようです。

 

ここではiPhone8、iPhone7、iPhone6s、iPhone6やそれ以前の製品の液体侵入インジケータの場所を紹介します。

 

液体侵入インジケータとは?

液体侵入インジケータ(LCI)というのは、アイフォンの故障原因が水または水を含む液体によるものなのかを判断するために内蔵されているもので、水没マーク水没センサー、水没判定シールなどと呼ばれることもあります。 

白いシートのような部分で、水に濡れると赤く変色しiPhone内に液体が侵入したのかが分かります。

なお一度濡れて赤くなったインジケータは乾かしても元に戻りません。

基本的に水濡れによる損傷の修理は1年以内であってもAppleの保証対象外となりますし、ほとんどのお店で買取りや下取りをしてもらえなくなります。

 

製品仕様で定めている動作湿度範囲内および動作温度範囲内の環境変化によってLCIが反応することはありませんとの記述があり、その動作環境は次のとおり・・・

  • 動作時環境温度:0°〜35°C
  • 保管時(非動作時)温度:-20°〜45°C
  • 相対湿度:5%〜95%(結露しないこと)
  • 動作高度:3,048mまでテスト済み

 

ただアイフォン本体ごと水の中に落とした場合だけではなく、ポケットに入れたまま雨に濡れたり汗をかいたことで反応したという報告もあるので注意が必要です。

各製品の液体侵入インジケータの場所

iPhone8・iPhone8Plusの場所

SIMカードを抜くと確認することができます。

 

iPhone7・iPhone7Plusの場所

iPhone8同様、SIMカードを抜くと確認することができます。

 

iPhone6・iPhone6Plus・iPhone6s・iPhone6sPlusの場所

SIMカードトレイの中にあります。

NanoSIMカードを取り出して確認して下さい。

過去のアイフォンでは丸い形状でしたが、iPhone6になり形が変わったので少し分かりにくくなっています。

iphone6

 

iPhone5・iPhone5c・iPhone5sの場所

こちらもSIMカードトレイの中にあります。

NanoSIMカードを取り出してから確認して下さい。

iphone5

 

iPhone4・iPhone4sの場所

イヤホンジャック内とDockコネクタ内の2ヶ所にあります。

Iphone 4 Activated

 

iPhone3G・iPhone3GSの場所

iPhone4同様、イヤホンジャック内とDockコネクタ内の2ヶ所にあります。

iphone3GS

 

最後に

今回はこれまでに発売されているアイフォンの液体侵入インジケータの場所を紹介しました。

iPhone5以降インジケータの場所がSIMカードトレイ内に移動したことで変色しにくくなりましたが、それでも汗などで変色することはあり得ます。

アイフォンを携帯するときには、なるべく濡れないように注意しましょう。

 

一度、濡れてしまった液体侵入インジケータの色が元に戻ることはありませんが、iPhone自体は水没しても復活できる可能性があります。詳しくは下記記事を参考にして下さい。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・
  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい
今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。 また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト
2019年7月追記: 大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)