iPhone、iTunesのバックアップを復元とは?暗号化とは?

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

バックアップを復元とは?

iPhoneにインストールしているアプリや、保存しているデータはiTunesを利用してバックアップを作成することが可能です。

バックアップを作成しておけばiPhoneを紛失した際や、新しい機種に交換した場合にも今までのデータを新しいiPhoneに復元することが可能です。

 

バックアップの手順

iPhoneでバックアップを作成するにはお使いのパソコンと接続し、iTunesにて同期させることで行います。

 

1.『iTunes』を起動し、『バックアップ』先の自動でバックアップに『このコンピュータ』がチェックされていることを確認する。
※プライバシーに関わるデータもバックアップする場合は、『iPhoneのバックアップを暗号化』にもチェックを入れて下さい。
バックアップデータにはパスワードを設定するように要求されます。

      ↓

2.『今すぐバックアップ』をクリックしてバックアップを開始する。
バックアップの作成が終了したら『“ユーザーのiPhone名”をバックアップ中…』が消え、アップルマークの表示に戻ります。

 

暗号化すると保存されるものは?

バックアップを暗号化するとヘルスケアデータなどプライバシーに関わるデータの他、『保存したパスワード』、『Wi-Fi設定』、『Webサイトの履歴』もバックアップされます。

暗号化する場合は初回のみパスワードを設定する必要がありますが、それ以降は自動的に暗号化されてバックアップが作成されます。

暗号化したバックアップを復元する場合はここで設定したパスワードが必要になります。

 

パスワードを忘れたり間違えて入力した場合は『バックアップを暗号化』のチェックを外すことが出来なくなるため復元も出来なくなってしまいます。

パソコン上でパスワード管理アプリを利用するなどして忘れないように注意する必要があります。

 

復元の手順

iPhoneのバックアップを復元する場合もお使いのパソコンと接続し、iTunesにて同期させることで行います。

 

1.『iTunes』を起動し、『バックアップを復元』をクリックする。

      ↓

2.iPhoneで『iPhoneを探す』を利用している場合は、オフにするよう必要があります。

      ↓

3.iPhoneのiCloudの設定メニューから『iPhoneを探す』をタップする。

      ↓

4.『iPhoneを探す』のスライドスイッチをオフにする。

      ↓

5.またiTunesで『バックアップを復元』をクリックすると復元データの選択画面が表示されます。
プルダウンメニューから復元したいiPhoneの名前を選択して『復元』をクリックします。バックアップの復元が開始されます。

      ↓

6.iTunesに作成されているバックアップデータを確認するにはiTunesの『環境設定』→『デバイス』より行います。
バックアップが作成されているiPhoneの名前と、バックアップの作成日が表示されます。

 

最後に

iPhoneのバックアップはiTunesを用いた方法だけではなく、iCloudを利用した方法もあります。

iCloudの有料サービスに加入していない場合はバックアップを作成するには容量不足の場合もありますので、その際にはiTunesを用いたパソコンへのバックアップが検討されます。

バックアップを作成しておけば大切なデータの紛失も最小限に抑えられますので、こまめな作成を検討してはいかがでしょうか。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)