iPhoneのパスコードロックとは?設定&変更する手順

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

パスコードロックとは?

パスコードロックというのは、iPhoneのデータ保護を目的とした数字などのパスワードを利用したロック機構です。

Touch IDやFace IDを搭載した機種ではそれらでロック解除することも可能ですが、再起動の際やiOS構成プロファイルをインストールする場合、Touch IDやFace IDを使用できない場合などは設定したパスコードを入力してiPhoneがロックされた状態を解除します。

パスコードを設定・変更する手順

パスコードを設定・変更するには設定アプリから登録・変更操作を行います。

【パスコードを設定する】

1.『設定アプリ』を起動する

      ↓

2.『一般』をタップする

      ↓

3.『Touch ID(もしくはFace ID)とパスコード』をタップする

      ↓

4.『パスコードをオンにする』をタップする

      ↓

5.任意の6桁の数字を入力する

      ↓

6.確認のため、先ほどと同じ任意の6桁の数字を入力する

      ↓

7.『Apple IDパスワード』の入力画面が表示されたらApple IDに設定したパスワードを入力します
※今回設定するパスコードではなく、登録済みのApple IDのパスワードです

      ↓

8.パスコードが設定されると、『Touch ID(もしくはFace ID)とパスコード』の画面で、『パスコードをオフにする』に表示が変わっている

 

【パスコードを変更する】

1.『設定アプリ』から『一般』→『Touch ID(もしくはFace ID)とパスコード』と進み(現在設定中のパスコードの入力を求められます)、『パスコードを変更』をタップする

      ↓

2.今までのパスコード(古いパスコード)である6桁の数字を入力する

      ↓

3.新しく設定する任意の6桁の数字を入力する(確認のため2回入力します)

      ↓

4.パスコードの変更が完了すると、『Touch ID(もしくはFace ID)とパスコード』の画面に戻る

 

6桁の数字以外のパスコードを設定するには

6桁の数字以外でパスコードを設定する場合は、パスコード設定画面にて『パスコードオプション』をタップしてください。

 

「任意桁数の英数字」「任意桁数の数字のみ」「4桁の数字」でパスコードを設定することが可能です。

 

パスコードを忘れた時は

通常はTouch IDやFace IDでiPhoneのロック解除を行っている場合でも、再起動時などパスコードの入力が必要になる場面があります。

こういった状況でパスコードを忘れたりし、6回続けて間違ったパスコードを入力すると『iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください』と表示され、操作を受け付けない状態になってしまいます。

表示された時間経過後に再度入力が可能になったあとにまた間違って入力すると、再入力可能になるまでの時間は更に伸びていきます。

 

また、『Touch ID(もしくはFace ID)とパスコード』の設定にて『データを消去』をONにしている場合は、パスコードの入力に10回失敗するとiPhoneのデータが全て消去されますのでご注意ください。

 

パスコードを忘れたiPhoneを初期化する

パスコードによるロック解除が出来なくなった状態からiPhoneをまた使える状態に戻すにはパソコンに接続しiTunesで初期化&復元するか、iCloud上から初期化を行った後に復元します。
※初期化するとiPhone内のデータは全て消去されます。

【iTunesでの復元】

1.iPhoneとパソコンを接続し、パソコン上で『iTunes』を起動する

      ↓

2.『iPhoneを復元』をクリックし、工場出荷時の状態に戻した後に、(バックアップデータがある場合は)バックアップから復元します。

 

『iPhoneを探す』をオンにしている場合は・・・

『iPhoneを探す』をオンにしていた場合は『iPhoneを復元』をクリックすると、オフにするように促すメッセージが表示されます。

 

しかし、パスコードでロックされた状態ではiPhoneの操作が出来ず、『iPhoneを探す』をオフにすることも出来ません。
この場合は、iCloudを使用して初期化してください。

1.パソコン上でiCloud(https://www.icloud.com)にサインインし、『iPhoneを探す』をクリックする

      ↓

2.初期化しようとするiPhoneを選択し、『iPhoneを消去』をクリックして初期化します

      ↓

3.その後、iTunesやiCloudのバックアップから復元します。
また、初期設定操作の中で新たにパスコードを設定します。

 

最後に

Touch IDやFace IDの搭載によりパスコードを使用する頻度は少なくなってきているため、iPhone 5までの機種と比較してパスコードを忘れるケースが多くなっているようです。

パスコードを忘れてiPhoneがロックされてしまった場合は、初期化するしか普及させる手段がありませんので注意してください。

 

ただし『000000』や『123456』など、安易に推測されるパスコードや、電話番号などの他人から推察しやすいパスコードは拾われた場合などに解除される危険性があります。

自分には覚えやすく、他人からは推察されにくいパスコードを設定しましょう。

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪



 


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)