iPhone、自動ロック設定が30秒から変更できない時の対処法

iPhoneでは数分間操作がないときに自動的にスリープ状態になる『自動ロック』機能が備わっています。

バッテリーを長持ちさせるためには大変便利な機能なのですが、自動ロックされるまでの時間があまりにも短いと、逆に煩わしく感じるユーザーもいると思います。

ロックされるまでの時間は設定アプリ内から変更することができるのですが、この”自動ロック”の項目がグレーアウトしてタップできないと困っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ここでは自動ロックまでの時間が30秒から設定変更できない時の対処法を説明していきます。

バッテリー設定をチェック

『低電力モード』に設定されている場合は、『自動ロック』の設定がグレーアウトしており30秒以外に設定変更することができません。

 

iPhoneの電力消費量を減らすためには、できるだけ早くスリープ状態にする必要があるということですね。

低電力モードになっているかどうかは画面上部のステータスバーのバッテリー表示の色を見れば判断できる(低電力モードは黄色表示になる)のですが、ステータスバーでは通常表示になっているにもかかわらず内部的に低電力モードになっているといった事象もございますのでチェックしてみましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

 

2.『バッテリー』をタップする

 

3.『低電力モード』をオフにする

iPhoneを再起動する

iPhoneの動作が不安定になってくると、設定アプリ内の表示や設定変更後の挙動がうまくいかないことがあります。

iPhoneの再起動を行なうと改善されることがありますので試してみましょう。

1.『電源ボタン(スリープボタン)』を長押しする

 

2.スライダーを右にスライドする

 

3.再度『電源ボタン』を長押しする

iPhoneの電源が落ちたら、Appleロゴが表示されるまで、再度『電源ボタン』を長押しして下さい。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・
  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい
今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。 また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト
2019年7月追記: 大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)