iPhoneの電源が入らない(起動しない)ときの対処法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

アイフォンを使っていると、バッテリーの残量がなくなったときに充電しても電源が入らなかったり、突然電源が落ちて画面が真っ黒になり起動しなくなることがあります。

ここではアイフォンの電源が入らないときの対処法を説明していきます。

 

バッテリーをぎりぎりまで使った場合

バッテリーを0%近くまで使用したときは100Vの電源以外では、電圧が足りないため充電できないことがあります。

モバイルバッテリーでも充電不可になることがありますが、例えば車のシガーライターや乾電池を使って充電する機器などはとくに起こりやすいようです。

 

長時間充電しても電源が入らない場合は、付属のLightningケーブルを使って家庭のコンセントから充電してみましょう。

 

※バッテリーを0%まで使ったことで強制的に電源が落ちた場合、充電を開始してすぐには起動できません。

約10分ほど待ってから電源を入れてください。

 

充電しても無理な場合

画面が真っ黒の状態からでもアイフォンのリセットが行えることがあります。

十分に充電したにもかかわらず起動しない場合は、試しにリセットしてみましょう。

 

アイフォンをリセットするには、画面中央にAppleロゴが表示されるまでスリープボタンとホームボタンを同時に長押しします。
(約10秒ほど)

 

リセットできない場合

アイフォンをリセットできない場合は、リカバリモードを使ってみましょう。

 

リカバリモードにするには、ホームボタンを押しながらケーブルを使ってアイフォンをパソコンに接続します。

下の画像が表示されたらホームボタンを離します。

リカバリモード

 

iTunesが起動して「iTunes はリカバリモードの iPhone、iPad、または iPod touch を見つけました」と表示されます。

iTunesかiCloudにバックアップしたデータから復元しましょう。

※リカバリモードを使うと、アイフォンのデータが消去されるので注意してください。

 

最後に

今回はアイフォンが起動できないときの対処法を紹介しました。

 

どうしてもiPhoneを長く利用していると、こういったトラブルで初期化しなければならないことがあります。

定期的に(できればiTunesで)バックアップをとるように心がけましょう。

関連:iTunesを使ってパソコンにバックアップ

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年7月追記:
大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)