iOS12で機能制限の設定項目が無くなった【質問&回答】

この記事の目次

【質問】

普段、iPhoneで機能制限(ペアレンタルコントロール)でいくつかの機能を制限しており、ちょっと設定変更しようと思ったのですが、設定アプリ内にある機能制限の項目が無くなってしまいました。

今までは「Appのバックグラウンド更新」と「日付と時刻」の間にあったと思うのですが・・・。

iPhoneの再起動など試してみましたが復活しません。iOS12にアップデートしたのが原因でしょうか。

【回答】

じつはiPhoneのソフトウェアがiOS12にアップデートされた際、機能制限に関する設定項目の場所が変更されました。

設定アプリ内「スクリーンタイム」の項目に移動していますので確認してみましょう。

「設定アプリ」を起動する

「スクリーンタイム」をタップする

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップする

「スクリーンタイム・パスコード」を入力する
※バックアップ以前から機能制限を利用していた方は、ここで機能制限用パスコードを入力します。

 

「プライバシー設定」「変更の許可」の項目

下にスクロールすると、プライバシー設定やパスコードなどの変更許可の設定項目があります。

こんな時だからこそ、家でのんびり楽しみませんか?
140,000以上の作品が見放題です。
無料期間中に解約すれば料金は一切掛かりません。
U-NEXT
 あいみょん最新ライブ /
 独占配信中!(4/1〜) /

 

「インストール」「Appの削除」「App内課金」の項目

アプリ内課金やアプリの削除等に関する設定項目は、「iTunesおよびAppStoreでの購入」をタップすると表示されます。

 

「カメラ」「Safari」「Siri」などの項目

「カメラ」「Safari」「Siriと音声入力」「AirDrop」「Wallet」「FaceTime」など各種アプリの使用制限は、「許可されたApp」をタップすると表示されます。

      ↓

 

各コンテンツの年齢制限などの項目

成人向けWebサイトの制限、Game Centerに関する設定などの項目は、「コンテンツ制限」をタップすると表示されます。

      ↓

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. posted by 管理人

    『iPhone初心者』様

    情報提供ありがとうございました。

  2. posted by 酒井

    記載の手順をしましたが位置情報サービスがオフに出来ないグレーになったまま!

    • posted by 管理人

      コメントありがとうございます。

      「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」と進み、「位置情報サービス」と「自分の位置情報を共有」の2ヶ所を許可しても改善されないでしょうか。
      また、iPhone本体の再起動も合わせてお試し下さい。

  3. posted by Mathema2520

    全部試してもSafariが出なかったんですけど、ほかに方法はありますか?

  4. posted by もんち

    ライン課金出来ずこまってました。対処法教えてくださり本当にありがとうございました