iPhoneをアップデートしたら充電できないようになった・・・

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

【質問】

アイフォンをアップデートしてから、ケーブルに挿しても画面が変わらず充電できなくなりました。

充電に使っているLightningケーブルは、アップデートする前と同じものを使っています。

 

今まできちんと使えていたケーブルが、急に使えなくなることがあるのでしょうか?

 

【回答】

充電に使っているLightningケーブルはAppleによって認定されているケーブルでしょうか。

アイフォンに付属されているものと同じApple純正のケーブルでしたら問題ないのですが、他社製ケーブルの場合はパッケージに『MFiロゴ』が表示されているか確認してみてください。

また他社製でAppleの認証を受けているケーブルは、本体のLightningコネクタ側を見ると会社名が印字がされています。

MFiとは?

デバイスロゴの右に「Made for iPhone」などと書かれたロゴが、電子アクセサリのパッケージに表示されている場合、iPodやiPhone、iPad専用に設計され、Appleが定める性能基準を満たしていることをデベロッパが保証していることを示す。また商品名などにロゴと共に「MFi認定」などと記述されている場合もある。

引用:Hatena Keyword

imgres

 

Appleに認定されていない製品の中には、購入時に問題なく使えていても何度か利用していたり、アップデートした途端に使えなくなるものもありますので一度純正ケーブルで試してみてください。

認定されていないケーブルを利用していてiPhone本体が故障したという報告もあがっていますので、価格は高いですがなるべく純正のものを利用しましょう。

 

なおiPod用のケーブルをiPhoneに使用すると電波干渉が起こる可能性があります。

「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」と表示されたときはiPod用のものでないかチェックしてください。

 

ワンポイント

アップデートしたことが原因でケーブルが使えなくなるケース以外にもiPhoneが充電できなくなる原因はいくつかあります。

iphoneが充電できない時の対処法!』も参考にしてください。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 数日前にアプデしてから
    一旦電源を落としてからでないと
    充電できなくなりました。
    (充電コネクタにさしても充電開始のピロン♪みたいな音が鳴らず充電%も増えていかないので気付きました。)
    前から準正ケーブル使ってるので
    アプデのせいだと思ってます。

  2. 純正でも充電できないんですが
    アップルのクソプログラムの仕込みの性だと思うんですが
    訴えるレベルだと思うんですが

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)