iPhoneのヘルスケアとは?できること&使い方

ヘルスケアとは?

ヘルスケアというのは、iPhoneに搭載されたヘルスケアアプリを用いたアクティビティの記録と、ユーザーの健康状態などを記録する機能です。

健康的な身体作りのためにも有効活用しましょう。

ヘルスケアの初期設定

ヘルスケアを使い始めるには、『ヘルスケアアプリ』を起動することから始めます。

1.『ヘルスケアアプリ』を起動する

      ↓

2.「ようこそヘルスケアへ」にて『次へ』をタップする

      ↓

3.「自分の情報」にて各項目を入力します

      ↓

4.「メディカルID」にて『メディカルIDを作成』をタップする

      ↓

5.「メディカルID」の緊急連絡先に家族の連絡先などを入力しておきます

ヘルスケアの使い方

ヘルスケアアプリでは、『アクティビティ』、『マインドフルネス』、『栄養』、『睡眠』の4つのカテゴリーから構成されています。

アクティビティ

『アクティビティ』では歩数やエクササイズなど運動面での記録が管理されます。

 

もし、ユーザーがiPhoneだけではなくApple Watchも使用している場合はApple Watchの記録データもiPhoneに反映されます。

 

【手動で追加する場合】

1.目的とする項目(今回は例として)『ウォーキング+ランニングの距離を選択』をタップします

      ↓

2.「ウォーキング+ランニングの距離を選択」の画面にて、右上の『+』をタップし、データを追加します。

      ↓

3.日付と走り始めた時間と距離を入力します。

 

スポンサーリンク

 

 

マインドフルネス

『マインドフルネス』では、一定時間ごとの深呼吸の提案などを通じてリラックスするための行動を提案します。

こちらも、アクティビティと同じく『マインドフルネス時間』をタップして手動でデータの追加(深呼吸の実施)を行うことが可能です。

栄養

『栄養』では、食事のデータを記録し、摂取カロリーや栄養素などを記録します。

 

こちらも手動で各項目について摂取量を追加可能ですが、例えばコーヒー一杯に含まれるカフェインの量などを覚えているユーザーも少ないと思いますので、ヘルスケアアプリと連携可能なカロリーや栄養素の分析アプリなどを利用すると良いかもしれません。

睡眠

『睡眠』ではユーザーの睡眠状態を分析します。

 

『睡眠分析』でも、右上の「+」から日毎の睡眠状態を記録することが可能です。

4つのカテゴリーとも、他のアプリと連携して記録することが可能です。

 

最後に

ヘルスケアはiPhone単体での使用はもちろん、Apple Watchと組み合わせることで運動時の心拍数の変化などが容易に確認でき、血圧や他の項目ともあわせて自身の健康状態の把握できるほか、健康診断時の医師との問診においても参考となるデータを提示することが可能です。

まずは容易に記録と確認が出来る『歩数』の変化を見るだけでも自身の運動傾向が確認可能ですので一度試してみてはいかがでしょうか。



今、めっちゃ売れてます!

「かじがや!もうアップルの人よりアップルの人やん!」

談:サバンナ高橋


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)