iPhoneで購入した有料アプリ代金を返金してもらう方法

スポンサードリンク

アイフォンのAppStoreで有料アプリを購入したものの、起動しない不具合があった場合や誤って購入してしまったなどの理由により、返金して欲しいと思ったことがあるんじゃないでしょうか。

じつはAppleでは有料アプリ購入から90日以内であれば、報告することでアプリ料金を返金してくれます。

 

ここではAppStoreで購入した有料アプリ代を返金してもらう手順を説明していきます。


スポンサードリンク

アプリ代を返金してもらう手続き

iPhone本体のみでは手続きを行なえません。

最新のiTunesをインストールしたパソコンを用意してください。

 

アイフォンとパソコンをケーブルで繋ぐ。

iTunes右側のナビリンクの中から『アカウント』をクリック。

AppleIDとパスワードを入力してサインイン

150206-0001

 

画面下方の”購入履歴”の項目の『全て見る』をクリック。

購入履歴

 

今までに購入したアプリが注文日別に一覧で表示されます。
(この段階では、1日でダウンロードしたアプリが1行でまとめて表示されている)

返金希望のアプリを注文した日付の左端にある矢印をクリックする。

150206-0007

 

該当アプリの右側にある『問題を報告する』をクリック。

150206-0008

 

するとブラウザが起動しApple公式サイトの問題報告のページに飛びますので、ここでもAppleIDとパスワードを入力する。


スポンサードリンク

  • この購入を承認してない
  • このアイテムを誤って購入した
  • 他のアイテムを購入するつもりだった
  • アイテムがダウンロードされない、または見つからない
  • アイテムをインストールできない、またはダウンロードに時間がかかる
  • アイテムを開くことはできるが想定通りに動作しない
  • それ以外の問題

この中から該当するものを選択し、コメントを一言添えて『送信』をクリック。

※コメント欄に何か文字を入力しなければ『送信』をクリックできませんが、「間違えて購入しました」など簡単なもので大丈夫

150206-0009

 

『返金が発行されました。この購入に対する返金がお支払い方法に応じて行われました』と表示されれば完了です。

 

その後、AppleIDで登録したアドレスに確認メールが届きます。

IMG_3293

 

最後に

今回は、間違って購入した場合や不具合があった場合にアプリ代を返金してもらうための申請方法を紹介しました。

 

申請したすべてが承認されるわけではないのかもしれませんが、アプリ開発者のためにも多用・悪用するのはご遠慮ください。

 参考記事『iPhone、不具合のある有料アプリ購入代金を返金してもらう方法

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)