iPhone、iCloudとiTunesでするバックアップの違い

スポンサードリンク

アイフォンでバックアップを取るには、iCloud(アイクラウド)とiTunes(アイチューンズ)を使う2通りの方法があります。

それぞれバックアップの手順が異なるだけでなく保存されるデータも異なりますので、うまく使い分ける必要があります。

 

ここではiCloudとiTunesでするバックアップの違いを説明していきます。

 

iCloudでのバックアップについて

iCloudにバックアップするにはアイフォン本体のみで行なえますが、Wi-Fi環境が必要になります。

ご家庭にWi-Fi環境がない場合は、ドコモショップなどキャリアのショップや街中にあるWi-Fiスポットを利用しましょう。

 

なお『iCloudバックアップ』をオンにしておけば、以下の条件を満たすときに自動で毎日バックアップされます。

  • アイフォンがWi-Fi経由で接続されていること
  • アイフォンが電源に接続されていること
  • アイフォンがロック画面になっていること
  • iCloudの容量がいっぱいになっていないこと


スポンサードリンク

iCloudバックアップの保存先

iCloudでバックアップを行なった際のデータは、アイフォン本体に保存されるのではなくAppleが管理するサーバー上に保存されることになります。

(アイフォンからiCloudにサインアップすると、5GBのストレージが無料で使えます)

 

iCloudにバックアップされるデータ

iCloudには以下のデータが保存されます。

  • 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
  • アイフォン内での設定
  • Appデータ
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、および MMS メッセージ
  • 着信音
  • Visual Voicemail

iCloudでバックアップ

iCloudを使ってバックアップを取る方法

 

iTunesでのバックアップについて

iTunesにバックアップするには、直接パソコンにケーブルで接続しますのでWi-Fi環境は必要ありません。

iCloudでのバックアップでは保存されないデータも完全にバックアップできるため、定期的に行ないましょう。

¥Application Data¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥

 

iTunesにバックアップされるデータ

  • 写真 
  • 連絡先とよく使う連絡先 
  • ヘルスケア
  • カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー
  • Safari ブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、および現在開いているページ
  • Web ページの自動入力
  • オフラインの Web App のキャッシュ/データベース
  • メモ
  • メールアカウント
  • Microsoft Exchange のアカウント設定
  • 通話履歴
  • メッセージ 
  • ボイスメールトークン 
  • ボイスメモ
  • ネットワーク設定
  • キーチェーン
  • App Store で購入した App のデータ 
  • App の設定、環境設定、書類などのデータ 
  • App 内で購入したもの
  • Game Center アカウント
  • 壁紙
  • 位置情報の使用を許可した Appおよび Web サイトの位置情報サービスの環境設定
  • ホーム画面の配置
  • インストールされているプロファイル
  • マップのブックマーク、最近の検索、およびマップに表示されている現在位置
  • Nike + iPod の保存済みのワークアウトと設定
  • 登録されている Bluetooth デバイス 
  • キーボードショートカットと保存されている変換候補
  • 証明書の信頼性の確認がとれない信頼済みのホスト
  • Web クリップ

 

iTunesでバックアップ

iTunesを使ってパソコンにバックアップする方法

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)