iPhone、safariで表示されるお気に入りサイトを隠す方法

スポンサードリンク

アイフォンのsafariでは、新しいタブを開いたときなどにお気に入りのサイトやよく閲覧するサイトが表示されます。

使いこなせば閲覧したいサイトに素早くアクセスできる非常に便利な機能なんですが、逆に表示させたくない方も多いんじゃないでしょうか?

 

ここではsafariで表示されるお気に入りサイトを隠す方法を説明していきます。

IMG_4434

何が表示されているの?

画面上に表示されているものは『お気に入りフォルダ』に保存されているWebページです。

ブックマークを登録する際に『お気に入りフォルダ』の中に保存したものがここにアイコン表示されることになります。


スポンサードリンク

一方、画面の下半分に表示されているものは『よく閲覧するサイト』です。

何度か訪れたことのあるWebページが最大12個まで自動的に表示されます。

ここに表示されるための条件に関しては、『よく閲覧するサイトに追加登録される条件は?』で詳しく取り上げていますのでそちらを参照してください。

 

お気に入りのサイトを隠すには?

先ほど説明したように『お気に入りフォルダ』に保存したものが表示されますので、『お気に入り』に何も登録しなければ表示されません。

 

お気に入りフォルダに登録しているものをすべて削除すればいいのですが、たくさんある場合は1つ1つ削除していくのは面倒ですよね。

じつは削除しなくても非表示にする方法があります。


スポンサードリンク

1.safariを起動する

まずはsafariを起動して新規フォルダを作成しましょう。

150416-0001

 

2.『ブックマークアイコン』をタップ

safari ブックマークアイコン

 

3.右下の『編集』をタップ

safari ブックマーク 編集

 

4.『新規フォルダ』をタップ

safari ブックマーク 新規フォルダ

 

5.適当な名前を付けて『完了』をタップ

保存場所は『ブックマーク』にしておきます。

safari 新規ブックマーク 場所

 

6.設定アプリを起動する

設定アプリアイコン

 

7.『safari』をタップ

設定画面 safari

 

8.『お気に入り』をタップし、先ほど作成したフォルダ名にチェックを入れる

設定画面 safari お気に入り

 

これでsafariアプリで新規タブを開いたときに、お気に入りのサイトが表示されません。

なお『よく閲覧するサイト』もお気に入りサイトを非表示にすれば、同時に表示されなくなります。

 

最後に

今回はsafariで表示されるお気に入りサイトを隠す方法を紹介しました。

毎回お気に入りサイトが表示されるのが邪魔だと感じていた方は、あらかじめ設定しておきましょう。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)