iPhoneが再起動できないときの状況別の対処法まとめ

スポンサードリンク

アイフォンを使っていて動作が重く感じたり、アプリを起動してもすぐ落ちるときは、再起動することで一時的なデータの消去ができ改善されることがあります。

しかし再起動したくてもできない状況に陥り困ったという方も多いようです。

 

ここではアイフォンの再起動が行なえないときの対処法を状況別に説明していきます。

 

アイフォンの再起動とは?

アイフォンの再起動とは電源をオフにした後、再度電源をオンの状態にすることです。

これによりアイフォン全体の動作がモッサリしたときや特定の操作が効かないときなど改善されることが多いです。

一旦スリープ状態にしただけでは、再起動は完了していませんので注意して下さい。

 

※普段、TouchID(指紋認証)でロック解除している方も、再起動後はパスコードの入力が必要になります。

関連:ロック解除のパスコードが分からないときの復元方法

 


スポンサードリンク

再起動の方法

ここで一度、再起動の手順をおさらいしておきましょう。

 

1.スリープボタンを長押しする。

2.表示されたスライダーを右にスライドさせる。
(数秒後にアイフォンの電源が落ちます)

3.再度スリープボタンを長押しすると、Appleロゴが表示され数秒後に起動します。

iPhone 再起動

 


スポンサードリンク

状況1:スリープボタンが壊れている

スリープボタンが物理的に陥没している場合など、押せないため再起動できないときはアクセシビリティを利用しましょう。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』と進む。

アクセシビリティ

 

『Assistive Touch』をタップしオンにすると、灰色のアイコンが表示される。

アクセシビリティ 灰色のアイコン

 

出現した”灰色のアイコン”をタップするとメニューが表示されるので、『デバイス』をタップする。

アクセシビリティ デバイス

 

『画面をロック』を長押しすると、スリープボタンを長押ししたときと同じようにスライダーが表示されるので右にスライドさせて電源を落とす。

アクセシビリティ 画面をロック

 

次にアイフォンを起動させるには、ケーブルを使いコンセントやパソコン等に接続しましょう。

充電状態になるとアイフォンの電源が入ります。

 

状況2:画面が真っ暗

画面やホームボタンを押しても画面が真っ暗のままだったりとフリーズ状態に陥った場合は、強制リセットをしてみましょう。

※強制リセットといってもインストールしたアプリや設定などがリセットされるわけではありませんが、作業中のアプリデータは消えることがありますので注意してください。

 

ホームボタンとスリープボタンを同時に押し続ける(約10秒)と、電源が落ちた後Appleロゴが表示されます。

ロゴが出たら手を離して大丈夫です。

iPhone 強制リセット

 

最後に

今回は再起動できないときの状況別の対処法まとめを紹介しました。 

強制リセットもできない状況になった場合、バックアップから復元すれば改善される可能性があります。

いざという時のためにバックアップはマメに取るようにしましょう。

関連記事:iTunesを使ってパソコンにバックアップ

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 修理に出そうと思っていたところ、とんでもなく助かりました。
    ありがとうございます。
    状況2の対処方法で再起動できました。

    • のびた様

      ご報告ありがとうございました。
      お役に立てて何よりです。
      当サイトを今後とも宜しくお願い致します。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)