iPhoneカメラのライブフォト&HDRとは?その使い方

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

LivePhotos(ライブフォト)とは?

LivePhotos(ライブフォト)というのは、iPhone 6sシリーズ以降の機種に搭載された3D Touchを活用した機能のひとつで、撮影した写真をプレスするとシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ、合計して3秒の映像と音声が動画として再生される機能です。

静止画としての写真に上記のような効果が加わることで短時間ながらも動きのある、より臨場感のある写真を楽しむことが出来るわけです。

 

また、写真アプリで編集を行うことも可能ですので、LivePhotosで撮影しておけば3秒間撮影された中からベストの静止画を選び出すことも出来ます。

動物や赤ちゃんなどを撮影する際、シャッターを押した瞬間に目をつぶってしまっていたとしても、その前後で良い表情をしていればそちらを後から選択できます。

LivePhotos撮影の写真を楽しむには

LivePhoto機能がオンの状態で撮影した写真を「写真アプリ」で表示させ、写真上をプレスすると動き出します。

下の2つの画像を比較すると、赤丸で囲った車や電車の位置が移動しているのがわかります。

 

また、写真を上にスワイプするとライブフォト特有のメニューが表示され、「ループ」「バウンス」「長時間露光」などエフェクトを変更して再生することもできます。

 

ライブフォトを解除する方法

1.『カメラアプリ』を起動する。

      ↓

2.『LivePhotos』がオンになっている。
左のパネルから三重丸のアイコンをタップしてオフにする。

      ↓

3.『LIVEオフ』と表示され、『LivePhotos』がオフになったのが確認できる。
※黄色アイコンがオンの状態、斜線ありの白色アイコンがオフの状態です。

 

ライブフォトを常にオフにしたい場合

カメラアプリで直接オフに切り替えても、起動する度に自動でライブフォトがオンの状態に戻ってしまいます。
ライブフォトをあまり利用しないという方は、設定アプリから下記の通りに設定変更してください。

1.設定アプリから『カメラ』をタップする。

      ↓

2.『設定を保持』をタップする。

      ↓

3.『Live Photos』のスライドスイッチをオンにする。

 

HDRとは?

『HDR』とは『High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)』を略したもので、シャッターを1回切るだけで、露出を変えた3枚の写真を同時に撮影してiPhone内で合成する機能です。

撮影する際に被写体の明るい部分にピントをあわせると周囲が暗くなって影の部分の対象物がよく見えなくなってしまう場合などに、明るい部分、中間の部分、暗い部分のそれぞれに露出をあわせた写真を撮影して合成することでより見栄えのする写真に仕上がります。

 

HDRで容量が気になる場合

HDRではシャッターを1回押しただけで3枚の写真を撮影しますので、その分のストレージを消費することになります。

ストレージの残り容量が気になる場合は合成後の写真のみを残す(露出を変えた通常撮影の3枚の写真を残さない)設定にすることでストレージ容量の消費を抑える事が出来ます。

 

1.設定アプリから『カメラ』をタップし、『通常の写真を残す』のスライドスイッチをオフにする。

 

最後に

Live PhotosとHDRを活用することでiPhoneでの写真撮影の幅が大きく広がりました。

Live Photosではエフェクト機能を利用することも出来るようになりましたので、一眼レフカメラでNDフィルターを利用して撮影したような長時間露光の写真も作れるようになっています。

 

また、HDRでは合成した写真ながらも実際に撮影した写真以上に、その時に見た記憶に近いような細部まで鮮明な写真が撮影できるようになっています。

ストレージ容量や撮影シーンとを考えながら積極的に利用したい機能です。

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年7月追記:
大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)