iPhone、音声コントロールをオフにする方法【iOS10】

スポンサードリンク

iPhoneでは『音声コントロール』を起動して話しかけるだけで、電話を掛けたりすることが可能です。

ホームボタンを長押しするだけで起動するので簡単に利用することができるのですが、ロック画面になっていても起動するのでポケットの中に入れているときに指が当たって反応してしまうことも。

また付属イヤホンのセンターボタンを押しっぱなしにすることでも起動するので、皆さんも意図せず電話発信してしまったという経験があるんじゃないでしょうか。

ちなみにiOS10ではホームボタンをタップしなければロック解除できないため、今まで以上にSiriや音声コントロールが誤って起動するケースが多発しているようです。

 

音声コントロールはSiriよりも認識力が低いため、事あるごとに電話発信してしまうので特に注意が必要です。 

ここではiPhoneの音声コントロールを解除する方法を説明していきます。

 
スポンサードリンク


+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

まだ間に合う! 7&7Plus在庫あり

おとくケータイ.net

+ - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - + - +

追記:

iOS9以前のようにホームボタンを押さずにロック解除できるようにするには下記リンクを参考にして下さい。

関連:ホームボタンを押さずにロック解除する【iOS10】

 

音声コントロールをオフにするには

音声での操作をまったく利用しない方には邪魔でしかない機能ですが、残念ながらSiriと音声コントロールの両方を同時に解除することはできません。

Siriを停止すると音声コントロールが起動する状態になるので、ホームボタンを長押しすると『Siri』か『音声コントロール』のどちらかは必ず起動してしまうということになります。

 

ただしロック画面でのみ、ホームボタンを長押ししても音声コントロールが起動しないようにすることは可能です。

ポケットやカバンの中にロック状態で入れていたアイフォンが誤動作して困っている方は設定しておきましょう。

 

音声コントロールがロック画面で起動しないようにする

Siriがオフになっていると音声コントロールが起動する状態になってしまうので、まずはSiriをオンにしておきましょう。

(ちなみにパスコードロックを設定しておく必要があるので設定してください)

1.『設定アプリ』を起動する

設定アプリアイコン

 

2.『一般』をタップする

設定アプリ 『一般』 アイコン

 

3.『Siri』をタップする

設定アプリ内にSiriが表示されていない場合は、『Siriが設定に表示されないときの対処法』をご覧ください。

150826-0003

 

4.『Siri』をオンにする

150826-0004


スポンサードリンク

※次にロック中にはSiriへアクセスできないように設定します。

1.設定アプリから『Touch IDとパスコード』をタップする

設定アプリ TouchIDとパスコード

 

2.パスコードを入力する

パスコード入力画面

 

3.『Siri』をオフにする

設定アプリ TouchIDとパスコード Siri

これで設定完了です。

アイフォン操作中にホームボタンを長押しするとSiriが起動しますが、ロック画面ではいくら長押ししても何も起動しなくなっています。

 

最後に

今回は音声コントロールを解除する方法を紹介しました。

意図しない電話発信や音声コントロールが起動するときの「ポポン」という音に悩まされていた方は参考にしてください。

 

またロック画面での電話発信のみ防ぎたい場合には、『Touch IDとパスコード』の設定画面内で『Siri』をオンにしていると表示される『音声ダイヤル』をオフにしておくことでも可能です。

まあ呼び出し時の「ポポン」は防げませんが。

 

追記:
iOS10にアップデートしたことで、ロック解除するときに毎回Siriや音声コントロールが起動して困っている方が多いようです。

iOS9以前のようにホームボタンを押さずにロック解除できるようにするには下記リンクを参考にして下さい。

関連:ホームボタンを押さずにロック解除する【iOS10】

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)