iPhoneに付属している純正イヤホンの使い方!隠れた機能

アイフォンを買ったときに付属されている純正ヘッドセット(AppleEarPodswithRemoteandMic)は、音楽を聴く以外にも様々な使い方があります。

ここではこの純正イヤホンの隠れた機能を説明していきます。

 

純正イヤホンのボタンについて

イヤホンには『+ボタン』『−ボタン』があり、見た目には分かりませんがその間に『センターボタン』が付いています。

  • 『+ボタン』・・・音量を上げる
  • 『−ボタン』・・・音量を下げる
  • 『センターボタン』・・・様々な機能に対応

センターボタンを長押しすると、アイフォンがスリープ状態であっても動画再生中であってもSiriや音声コントロールを呼び出せます。

(Siriをオンにしている状態でロック中のアクセスを許可していない場合には、スリープ状態で呼び出せません)

150310-0002

 

なお、そのボタン部分にはマイクも内蔵されています。

過去のものはよく見ると穴が空いていましたが、現バージョンでは穴はなくなった代わりにマイクの絵が書かれているようです。

通話中にあなたの声が相手に届きにくい場合には、この部分に口を近付けて会話しましょう。

150310-0004

 

音楽を聴く・動画を閲覧するとき

音楽を聞いているときにセンターボタンで様々な操作が行なえます。

アイフォンがスリープ状態であっても画面を表示させることなく操作できるため非常に便利です。

 

センターボタンを押す度に、曲や動画が再生・一時停止になる。

センターボタンを素早く2回押すと、次の曲に切り替わる。

センターボタンを素早く3回押すと、前の曲に戻る。

センターボタンを素早く2回押し2回目を押さえたままにしている間、早送りになる。

センターボタンを素早く3回押し3回目を押さえたままにしている間、巻き戻しになる。

電話がかかってきたとき

電話がかかってきたときにセンターボタンを押せば、電話に出てそのまま通話できる。

通話中にもう一度センターボタンを押せば、電話が切れる

※なおセンターボタンを2秒ほど長押ししてから手を離せば、かかってきた電話を拒否できます。

 

通話中に電話がかかってきたときセンターボタンを押せば、現在の通話を保留にしたままでかかって電話に切り替えられる。

その後、もう一度センターボタンを押せば、最初の通話に戻る。

現在の通話を切って掛かってきた電話に出たい場合は、センターボタンを2秒ほど押してから手を離しましょう。

 

最後に

今回はアイフォンに付属しているイヤホンの使い方を紹介しました。

カメラアプリを起動しているときにイヤホンを繋いでいると、『+ボタン』と『−ボタン』のどちらでも撮影することが可能です。

少し離れた場所から自分撮りしたい場合には、セルフタイマーより便利なので利用しましょう。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・
  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい
今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。 また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト
2019年7月追記: 大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)