iPhone、iTunesを使ってパソコンにバックアップする方法

スポンサードリンク

アイフォンではパソコンに接続してパソコン内にデータをバックアップすることができます。

パソコンにバックアップを取っておけば、いざという時に完全に元通り復元することができるので安心。

 

ここではiTunesを使ってパソコンにバックアップする方法を説明していきます。

(画像はすべてMac版です)

 

※iCloudにバックアップする場合は、『iCloudを使ってバックアップを取る方法』をご覧ください。


スポンサードリンク

事前準備

パソコンにバックアップするには、Appleが提供する専用ソフト『iTunes』が必要です。

1.iTunesをダウンロードする

まずはパソコンから下記ページにアクセスし、iTunesをダウンロードしてください。

>>>Apple

 

※『iTunes for Macintosh』と『iTunes for Windows』の2種類あります。

お使いのOSを選んでください。

150613-0002

 

2.画面左上の『iTunes』から『環境設定』をクリックする

※Windowsの場合は、画面左上の”四角い窓のようなアイコン”から『設定』をクリックしてください。

150613-0005

 

3.『デバイス』をクリック

150613-0003

 

4.『iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックを入れ『OK』をクリック

150613-0004


スポンサードリンク

iTunesでバックアップを取る

1.アイフォンとパソコンを付属のケーブルで接続する

ケーブル 

2.『iPhoneアイコン』をクリックし『概要』をクリックする

PC iTunes 概要

 

3.『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れ『今すぐバックアップ』をクリック

『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れると、メールアカウントやWi-Fi、一部のアプリ向けのパスワードもバックアップされます。

iTunes バックアップ

 

※バックアップが無事完了すると、バックアップした時間が表示されます。

iTunesで作成したバックアップデータを使って復元する方法は『パソコンのiTunesを使って復元する』をご覧ください。

 

ワンポイント

iCloudならばiTunesへのバックアップとは異なり、特定の条件を満たせば毎日自動でバックアップしてくれます。

iCloudでは完全なデータのバックアップは不可能なので、マメにパソコンを利用するのがベストですが念のために普段はiCloudにもバックアップしておきましょう。

 

関連:バックアップ|iCloudとiTunesの違い

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)