iPhone、文字入力時のカーソル移動が簡単になる無料アプリ

スポンサードリンク

AndroidスマホからiPhoneに機種変更して不便だと感じることの1つに、文字入力時のカーソル移動がやりにくいという意見が多いんじゃないでしょうか。

アイフォンでは入力した文字部分を長押しすると表示される拡大鏡を頼りに、上下左右にドラッグすることでカーソルを移動させます。

 

iPhone6やiPhone6Plusでは本体を横向きにすればカーソルキーで左右に移動させるのも簡単にできますが、それ以外の機種ではiOSが何度バージョンアップされてもカーソルキーは追加されていません。

慣れれば楽に操作できるようになるのかもしれませんが、あと1文字分だけ横にずらしたいときにカーソルキーがあればいいのに、と思ってしまいます。

 

しかしiOS8にバージョンアップされてからサードパーティ製キーボードを追加することができるようになりました。

カーソルキーが付いているアプリもリリースされていますので、アイフォンのカーソル移動が苦手な方は対応アプリを導入してみましょう。

 

ここでは文字入力時のカーソル移動が簡単になる無料アプリを紹介していきます。


スポンサードリンク

サードパーティ製キーボードを導入する方法

まずはApp Storeからキーボードアプリをインストールします。

その後、『設定アプリ』から『一般』→『キーボード』→『キーボード』→『新しいキーボードを追加...』とタップしていき、該当キーボードを追加する。

文字入力の際に『地球儀アイコン』をタップして切り替えていくと、キーボードを利用することができます。

 

おすすめキーボードアプリ

もず-日本語・顔文字キーボード

このアプリでは日本語入力のときだけカーソルキーが表示されますので、英数字をよく入力するという方には少し不便かもしれません。

しかし日本語テンキーボードを見てみると、どちらの方向にフリックすればどの文字が入力されるのかが分かるように表示されており、フリック操作にまだ慣れていないといった方におすすめします。

150624-0002

 

さらに英語キーボードでも上方向へのフリックに対応しており、よく使う記号を入力することもできます。

また上部のボタンからワンタッチで別のキーボードに切り替えられる点と、どのキーボードからでも数字入力できるのも親切ですね。

150624-0003

 

 

もず - 日本語・顔文字キーボード もず - 日本語・顔文字キーボード
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
※購入前に価格を確認して下さい
iTunesからダウンロード

 


スポンサードリンク

 yahoo!キーボード

このキーボードでは英数字キーボードでもカーソルキーが表示されます。

 

また左右にスワイプすることで別のキーボードに切り替えることができる機能が備わっています。

(日本語テンキーの場合は、画面の端からスワイプしないとフリックでの文字入力とみなされますので注意)

 

 英語フルキーボードでは上下にスワイプすると大文字・小文字を切り替えることができる他、英字版フリックキーボードも使えるなど英語をよく入力する方には使い勝手が良い。

150624-0004

 

Yahoo!キーボード Yahoo!キーボード
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ
※購入前に価格を確認して下さい
iTunesからダウンロード
 
 
スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)