iPhoneでバイブレーションがならない時の対処法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

iPhoneでは本体の左側面に付いているサイレント切り替えスイッチで、簡単にマナーモードへ切り替えることができます。

通常モード、マナーモード(着信音のあるなし)に関係なく振動で着信やメール受信を通知させることが可能なのですが、バイブレーションが鳴らなくて困ったことはありませんか。

ポケットの中でひっそりと着信を知りたい場合や、音を鳴らすことのできない場所でアラームを設定する場合にはバイブレーションが欠かせませんよね。

 

ここではiPhoneのバイブレーションがならないときの対処法を紹介していきます。

iOS10ではバイブレーションに関する設定画面が2ヶ所ありますので、1つずつチェックしていきましょう。

サウンド設定をチェック

サウンド設定は基本的な設定項目ですからご存じの方は多いと思いますが、知らない間に設定を変更してしまっている可能性がありますので、まずはチェックしておきましょう。

1.『設定アプリ』を起動する

 

2.『サウンド』をタップ

 

3.バイブレーションの項目にある『着信スイッチ選択時』と『サイレントスイッチ選択時』をオンにする

※『サイレントスイッチ選択時』というのはiPhone本体側面のスイッチにオレンジ部分が見えている状態のことで、『着信スイッチ選択時』はサイレントモードになっていない通常の状態のことです。

マナーモードの有効無効にかかわらずバイブレーションしたい場合は両方オンに、そうでない場合はお好みに合わせて設定変更しておきましょう。

アクセシビリティ設定をチェック

過去バージョンのiOSではなかったのですが、アクセシビリティ設定画面内にバイブレーションに関する項目が追加されています。

こちらの設定がオフになっていた場合、サウンド設定に関係なくバイブレーションされませんのでチェックして下さい。

1.『設定アプリ』から『一般』をタップ

 

2.『アクセシビリティ』をタップ

 

3.『バイブレーション』をタップ

 

4.『バイブレーション』をオンにする

 

最後に

今回はiPhoneでバイブレーションがならないときの対処法を紹介しました。

アクセシビリティでバイブレーション設定をオフにした場合、地震などの緊急速報時でもバイブレーションしないですので、よっぽどの理由がない限り有効にしておきましょう。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本当に助かりました。
    ありがとうございました!

  2. バイブレーションなるようになりました(*^^*)

    とってもわかりやすい説明でした!!ありがとうございました!

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)