iPhoneのカメラで接写撮影時にピントが合わない【悩み】

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

【質問】

アイフォンの標準カメラアプリで接写撮影(マクロ撮影)をしたいのですが、ピントが合わなくてキレイに撮影できません。

アイフォンにはガラケーの頃によくあった撮影モード切り替えスイッチが付いていないようなのですが、なにか設定などあるのでしょうか?

それともレンズが故障しているのでしょうか?

 

【回答】

アイフォンにはマクロ撮影するための切り替えスイッチや設定はありません。

そのままで近くのものにピントを合わせるには、周りの明るさなどにもよりますが約5cmぐらいが限界かと思います。

それよりも被写体に近付けて撮影したい場合はそのままiPhoneを被写体に近づけるのではなく、少し離れた距離からズーム機能を利用しましょう。

 

普通に撮影した場合

下の画像はカメラアプリでズーム機能を使わずに約2cmまで被写体に近付けたところです。

手ブレしないようにキッチリ押さえた状態で画面内の被写体を長押ししてフォーカスを固定ましたが、ピントがまったく合っておらず何が写っているのか判断できません。

150430-0001

 

ズーム機能を利用して撮影した場合

まずアイフォンを被写体から約10cm離して構えてください。

150430-0003

 

画面をピンチアウト(2本指で画面を押し広げる動作)して最大まで拡大してください。

その状態でフォーカスを固定しておくと、より撮影しやすくなります。

先ほどの画像と見比べると、その差は歴然です。

150430-0004

 

※ある程度明るい場所にもかかわらず被写体から5cmほど離した状態でピントが合わせられない場合はレンズの故障も考えられます。

 

ワンポイント

アイフォンのレンズ部分に水を一滴垂らしてマクロレンズにするという方法もありますが、レンズを上に向けて撮影しなければならないことや水が内部に入り込む恐れがあるためおすすめしません。

今回紹介した方法でほとんどのものは撮影できると思いますが、ワンタッチで取り付けることができるマクロレンズも販売されていますので一度確認してみてはどうでしょうか。

 

ピックアップ♪

   >Amazonでお得に買物する裏ワザ

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪

完全無制限の最強モバイルWi-Fiが登場!

自宅でも外出先でもWi-Fi通信ができる”モバイルWi-Fi”に、とうとうデータ容量無制限のサービス『どんなときもWi-Fi』が登場しました。

こんな人におすすめ・・・

  • 月々の通信料金が高いと感じている
  • 通信容量を気にせず動画再生したい
  • 街中で無料Wi-Fiを探すのが煩わしい
  • 自宅にWi-Fiを設置したいが引越しが多い
  • 海外でもWi-Fiを利用したい

今までのモバイルWi-Fiは7GB/月や10GB/3日などの通信制限がありましたが、「どんなときもWi-Fi」なら著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信でない限り制限がありません。
また、クラウドSIM採用によりドコモ・au・ソフトバンクの中から最適なLTE回線に接続するため、通信速度対応エリアともに優れています。

2年縛りがあるので短期間のご利用の方にはおすすめできませんが、月額3480円(税抜)で無制限にWi-Fi利用できるのは「どんなときもWi-Fi」だけのメリットですのでチェックしてみて下さい。

どんなときもWiFi|公式サイト

2019年7月追記:
大人気のため、長らく端末の入荷待ちとなっていましたが、現在は解消されているようです。手に入れるなら今がチャンスです。

※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)