”iPhoneを探す”をPCからiCloud経由でオフにする方法

ピックアップ♪
iPhoneを売却する手順を確認しよう!
電話番号情報はきちんと消えていますか?

iPhoneを売る時の注意点まとめ

アイフォンを紛失したときや盗難にあった際に、アイフォンの位置を確認できる便利な機能『iPhoneを探す』。

通常はiPhone本体の設定からこの機能を簡単にオフにすることが可能です。

 

しかしアイフォンのタッチパネルが反応しないときや電源が入らないとき、又は、すでに譲渡してしまったなどの理由によりアイフォン本体が手元にないときに『iPhoneを探す』を停止する必要がある場合も。

(そのまま譲渡しても新しい持ち主は新しいiPhoneとして利用することが不可能なので、『iPhoneを探す』をオフにする必要があります)

 

ここでは『iPhoneを探す』機能をPCからiCloud経由でオフにする方法を説明していきます。

 

※iPhone本体から『iPhoneを探す』を解除する手順は下記記事で取り上げています。

 

PCから”iPhoneを探す”をオフにする

1.まずはパソコンのブラウザからiCloud.comにアクセスします

AppleIDとパスワードを入力しサインインする。

141213-0002

 

2.メニュー一覧の中から『iPhoneを探す』をクリックする

141213-0003

 

3.画面中央の『すべてのデバイス』をクリックし、出てきた一覧から該当のアイフォンを選択する

150326-0005

4.画面の右側に表示されるメニューから『iPhoneの消去』をクリックする

150326-0006

 

 5.再度AppleIDのパスワードを入力する

これで『iPhoneを探す』機能がオフになります。

150326-0007

 

6.続いて『アカウントから削除』をクリックして、AppleIDアカウントから該当iPhoneを削除しておきます

※これをしておかないと新しい持ち主がアクティベートすることができません。

150911-0016

 

 

※アイフォンの電源が入っていない、もしくは機内モードがオンになっているなどオフラインであった場合”位置を確認中...”と表示されたままになりますが、『すべてのデバイス』から該当のアイフォンをクリックすればメニューが表示されます。

150327-0002

 

アイフォン本体でオフにするには 

ちなみにアイフォン本体から『iPhoneを探す』をオフにするには・・・

 

『設定』→『iCloud』→『iPhoneを探す』と進む。

IMG_3794

 

『iPhoneを探す』をタップし、AppleIDのパスワードを入力するとオフになります。

IMG_3798

 

 最後に

今回は『iPhoneを探す』をパソコンからオフにする方法を紹介しました。

 アイフォン本体が手元にないときやアイフォンの調子が悪くて操作できないときに参考にしてください。

 

※通常は『iPhoneを探す』をオンのままで使用するのが望ましいですが、万が一、オフにしている時に紛失した場合は下記記事を参考にして下さい。

 

使ってないiPhone、眠っていませんか?

スマホを売りに行ったら何かと理由をつけて減額され「表示価格よりかなり安くなってしまった...」という経験はございませんか。

ネットオフなら『定額買取キャンペーン』を行なっていますので、キズがあっても、付属品がなくても減額されないので安心です。

まずは買取価格をチェックしてみて下さい。

【手数料・送料無料】スマートフォン売るならネットオフ♪


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)