iPhoneのマナーモード切換えボタンが壊れた!【対処法】

スポンサードリンク

アイフォンでは左サイドに付いているスイッチ1つで簡単にマナーモードに切り替えることができるので非常に便利です。

しかし切り替えボタンが壊れてマナーモードに出来ないと悩んでいる方も多いようです。

残念ながら今現在のアイフォンの仕様では、サイドに付いている音量ボタンの”−”を使っても小さな音にできても”消音”にはできません。

授業中や会議中では、小さくても着信音が鳴っては困りますよね。

 

じつはアクセシビリティの機能の1つ”AssistiveTouch”を使えば、切り替えボタンがなくても専用のメニュー画面から”消音”に設定できます。

ここでは機内モードやおやすみモードで代用する方法も含めて説明していきます。


スポンサードリンク

※どの方法を使う場合でも、振動すらしてほしくないという方は”バイブレーション”をオフにしておきましょう。

『設定』→『サウンド』とタップ。

バイブレーションの項目の”着信音なし”をオフ。

 

おやすみモードを使う

おやすみモードのオン・オフの切換えは、コントロールパネルから行ないます。

 

画面の下端から上方向にスワイプする。

コントロールパネルの右から2番目の”三日月”アイコンをタップ。

アイコンが白丸になれば、おやすみモードがオンになっています。

 

ただこれでは設定が不十分なので、あらかじめ各種設定をしておきましょう。

『設定』→『おやすみモード』を順にタップし、設定画面を開く。

  • 今すぐオン/オフ・・・オン
  • 時間設定・・・オフ
  • 着信を許可・・・誰も許可しない
  • 繰り返しの着信・・・オフ
  • 通知・・・常に知らせない

141229-0004 

これで着信音が鳴ることはありません。

おやすみモード中のアイフォンに電話を掛けてきた相手には、「プー、プー」と話し中の音が鳴ります。

おやすみモード中に入ったメールの通知などその他の挙動に関しては、こちらで詳しく説明していますので参考にしてください。

おやすみモード中の疑問あれこれ


スポンサードリンク

機内モードを使う 

機内モードのオン・オフもコントロールパネルから簡単に切換えられます。 

 

画面の下端から上方向にスワイプする。

コントロールパネルの左端の”飛行機”アイコンをタップ。

アイコンが白丸になれば、機内モードがオンになっています。 

 

機内モード中のアイフォンに電話を掛けてきた相手には、「電源が入っていないか電波の届かない.......」というアナウンスが流れます。

機内モードをオンにした後にwi-fiをオンにしない限りメール受信の通知音が鳴ることもありません。

その他の詳しい挙動に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

機内モード中の分からないを解決!

 

アクセシビリティを使う

まずはいつでもメニュー画面を呼び出せるように設定しておきましょう。

 

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『Assistive Touch』とタップ。

『Assistive Touch』をオンにする。

IMG_2402

 

『戻る』をタップして、今度は『ショートカット』をタップ。

一番下にある『Assistive Touch』をタップしてチェックマークを入れる。

これであらかじめ行なっておく設定は完了。

IMG_2424

 

消音にしたいときに”ホームボタン”をトリプルタップ(素早く3回押し)しましょう。

画面上に現れた灰色のアイコンをタップするとメニュー画面が表示される。

IMG_2895

 

そして『デバイス』→『消音』をタップすると、マナーモードになります。

解除する時も同じ手順で”消音”ボタンをタップしてください。

IMG_2897

 

再度、トリプルタップすれば灰色のアイコンは消えるので、普段は邪魔になることはありません。

 

最後に

アクセシビリティを使う方法は、マナーボタンを切換えたときと全く同じでメール受信時にも音は鳴らないのでオススメ。

授業中などにはこの方法を使うか、もしくは電源を切ってしまうのが安心です。

 

関連:音量ボタンが陥没して押せない時の対処法

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)