iPhoneで購入した項目をパソコンに転送できないときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンで購入したアプリや音楽などを、パソコン内のiTunesに転送することができます。

いざというときのためにも、マメに転送しておくことをおすすめします。

 

しかし転送したくてもうまくできない、と困っている方が多いようです。

ここでは購入した項目を転送できないときの対処法を説明していきます。


スポンサードリンク

”購入した項目を転送”の場所が分からない

以前のバージョンのiTunesでは、iPhone名の部分を右クリックすれば”購入した項目を転送”が表示されていましたが、現バージョンでは右クリックできなくなりました。

パソコン内のiTunesとiPhoneをケーブルで接続したものの、”購入した項目を転送”がどこにあるのか分からないという方は、下記手順を参考にしてください。

1.iPhoneとパソコンを付属ケーブルで接続する

ケーブル

 

2.メニューバーの『ファイル』→『デバイス』→『購入した項目を”〇〇”から転送』をクリック

※iTunesにない項目のみ転送されます。

150915-0011

 

それでも転送できない場合は

上記手順で転送できない場合は、認証アカウントが異なっている可能性があります。

同じアカウントでないと転送できませんので、iPhoneとパソコンのiTunesそれぞれで認証しているAppleIDアカウントを確認してください。


スポンサードリンク

【iPhoneでの確認方法】

『App Storeアプリ』を起動し、おすすめタブの最下段を確認してください。

App Store AppleID

 

【パソコンでの確認方法】

メニューバーの『Store』→『このコンピュータを認証...』をクリックしてください。

150915-0015

 

現在認証しているAppleアカウントが確認できます。

150915-0016

 

認証アカウントが異なる場合は?

認証しているAppleアカウントがiPhoneとパソコンで異なる場合は、パソコンのiTunesで一旦認証解除した後iPhoneと同じアカウントで認証しましょう。

1.iTunes右上にある『アカウント名』をクリックする 

150915-0019

 

2.『サインアウト』をクリックする

150915-0028

 

3.『アカウントアイコン』をクリックする

※先ほどのアカウント名の部分がアイコンのみに変わっています。

 

4.iPhoneと同じAppleIDとパスワードを入力する

150915-0022

 

5.先ほど説明した手順で”購入した項目を転送”を行なう

150915-0011

 

最後に

今回は購入した項目を転送できないときの対処法を紹介しました。

 

元々iTunesに保存されていたアプリデータが旧バージョンだった場合、転送した時点で新しいものに上書きされます。

旧データはパソコンの”ゴミ箱”に入っていますので、アプリをダウングレードするかもしれないという方は削除せず保管しておきましょう。

なお復元する手順は『アプリを前バージョンに戻す方法』を参考にしてください。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)