iPhoneをアップデートしたら充電できないようになった・・・

スポンサードリンク

【質問】

アイフォンをアップデートしてから、ケーブルに挿しても画面が変わらず充電できなくなりました。

充電に使っているLightningケーブルは、アップデートする前と同じものを使っています。

 

今まできちんと使えていたケーブルが、急に使えなくなることがあるのでしょうか?

 


スポンサードリンク

【回答】

充電に使っているLightningケーブルはAppleによって認定されているケーブルでしょうか。

アイフォンに付属されているものと同じApple純正のケーブルでしたら問題ないのですが、他社製ケーブルの場合はパッケージに『MFiロゴ』が表示されているか確認してみてください。

また他社製でAppleの認証を受けているケーブルは、本体のLightningコネクタ側を見ると会社名が印字がされています。

MFiとは?

デバイスロゴの右に「Made for iPhone」などと書かれたロゴが、電子アクセサリのパッケージに表示されている場合、iPodやiPhone、iPad専用に設計され、Appleが定める性能基準を満たしていることをデベロッパが保証していることを示す。また商品名などにロゴと共に「MFi認定」などと記述されている場合もある。

引用:Hatena Keyword

imgres

 

Appleに認定されていない製品の中には、購入時に問題なく使えていても何度か利用していたり、アップデートした途端に使えなくなるものもありますので一度純正ケーブルで試してみてください。

認定されていないケーブルを利用していてiPhone本体が故障したという報告もあがっていますので、価格は高いですがなるべく純正のものを利用しましょう。

 

スポンサードリンク

なおiPod用のケーブルをiPhoneに使用すると電波干渉が起こる可能性があります。

「このアクセサリはこのiPhone用に最適化されていません」と表示されたときはiPod用のものでないかチェックしてください。

 

ワンポイント

アップデートしたことが原因でケーブルが使えなくなるケース以外にもiPhoneが充電できなくなる原因はいくつかあります。

iphoneが充電できない時の対処法!』も参考にしてください。

 

スポンサードリンク


※当記事が参考になりましたら、
下のSNSボタンで共有して頂けると幸いです。
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)