iPhone、アクセスガイドのパスワードを忘れたときの対処法

スポンサードリンク

アイフォンには特定アプリ以外の操作ができないように制限することができる機能、『アクセスガイド』が備わっています。

アプリ起動中にホームボタンをトリプルクリックして『アクセスガイド』をオンにすると、パスコードを入力しなければホーム画面に戻ったりそれ以外のアプリを起動することができなくなります。

例えば友人にゲームがしたいからiPhoneを貸して欲しいと言われたときや、子供にYouTube動画が観たいと言われたときなどにワンタッチで利用できるので非常に便利です。

 

しかしそのアクセスガイド用のパスワードを忘れてしまって解除できなくなった方も多いようです。

おそらく『設定アプリ』でアクセスガイドをオンにしたままアイフォンを利用していて、無意識の内にホームボタンをトリプルクリックしてしまったというのが原因だと思います。

ここではアクセスガイドのパスワードを忘れたときの対処法を説明していきます。

 

※iPhoneで使用するパスワードについてよく分からない方は下記リンクを参考にして下さい。

関連:iPhoneで使われるパスワードって何種類あるの?


スポンサードリンク

アクセスガイド用パスコードとは?

『設定アプリ』からアクセスガイド機能をオンにした後、ホームボタンをトリプルクリックして『アクセスガイド』を最初に開始した際に設定したパスコードのことです。

ロック画面解除用パスコードやペアレンタルコントロール(機能制限)用パスコードとは異なります。

(同じ数字を設定することもできるので、厳密には同じパスコードの可能性もあります)

アクセスガイドの使い方は『人に貸す(子供に渡す)ときに一瞬で利用制限する方法』を参考にしてください。

 

パスコードロックを設定している場合

恐らくほとんどの方はセキュリティのために設定していると思いますが、この”パスコードロックを設定している”とはアイフォンのロック画面を解除するときにパスコードの入力が必要な状態のことです。

パスコードロックを設定している場合は、アイフォンを強制リセットで解除することが可能です。

 
スポンサードリンク

ホームボタンをスリープボタンを同時に長押しして、Appleロゴが画面に表示されたら指を離す。

すると強制リセットされ、数秒後にアイフォンが立ち上がります。

ロック画面になるので、通常どおりロック解除用のパスコード入力します。

これでアクセスガイド用パスコードを入力しなくても解除できています。

 

また同じ状況にならないように普段は設定アプリからアクセスガイドの項目をオフにしておきましょう。

 

パスコードロックしていない場合

パスコードロックを設定していない場合は、強制リセットしてアイフォンが起動してもロック画面にはならずアプリ画面に戻ってしまうため先ほどの方法では解消できません。

この状態になってしまったときは、パソコンに接続してバックアップから復元しましょう。

 

幸いアクセスガイドが開始していてもiTunesにバックアップすることは可能なので、バックアップを取ってからそのデータを使って復元すれば元の状態に戻すことができます。

関連:パソコン上のiTunesを使って復元する方法

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)