iPhone、機内モード設定中に着信すると相手はどうなる?

スポンサードリンク

飛行機に乗っている場合でなくても、一時的にデータ通信しないようにするなどの理由から利用することもある「機内モード」

しかし機内モードをオンにしているときの挙動がいまいち分からないなど、利用する上で様々な疑問があると思います。

 

そこで今回はその機内モードについてちょっと調べてみました。

そもそも機内モードってどんな機能なんでしょうか?


スポンサードリンク

機内モードとは・・・

携帯電話回線、Wi-Fi回線、Bluetooth、GPS・位置情報サービスのすべての電波発信がオフになる機能です。

 

一部の航空会社では、iPhone を機内モードにしていれば iPhone の電源を入れておくことが許可されています。

電話をかけたり Bluetooth を使用したりはできませんが、音楽を聴いたり、ゲームをプレイしたり、ビデオを視聴したり、ネットワーク接続や電話接続を必要としないほかの App を使用したりできます。

航空会社が許可している場合は、機内モードにしているときでも、Wi-Fi または Bluetooth をオンに戻してそれらのサービスを使用できます。

 

Appleが提供する「iPhoneユーザーガイド」で説明しているように、飛行機に乗っている間に安心して電源を入れるために使われる機能。

ちなみに画面の下部から上にスワイプして表示できる「コントロールパネル」で簡単にオン・オフできます。


スポンサードリンク

機内モード中に着信あった場合

機内モードに設定したiPhone側では・・・

もちろん着信音が鳴ることもないですし、着信画面が表示されることもありません。

ただし機内モードをオフにして通信が可能な状態になった時点で、「機内モード中に着信があった旨のメール」を受信し「着信があった時間と相手の電話番号」を伝えてくれます。

自分が圏外にいるときや電源OFFの状態と同じ挙動になるということですね。

 

「メッセージアプリ」を起動し「docomoSMS」を見ることで確認できます。
(docomoの場合)

なお表示された電話番号をタップすると、そのまま電話することができます。

 

そのとき電話番号を長押しすると、「連絡先」に登録されている相手であれば「〇〇〇に発信」と表示されます。

誰からの着信なのかを確認してからかけ直すことが出来ますので活用してください。

 

※これ以外にも様々な状態で使える便利な”長押し”機能もたくさんあります。

こちらの記事で覚えてくださいね。

長押しで出来る便利な機能一覧

 

機内モードの電話にかけた相手側には・・・

機内モードに設定しているiPhoneへかけてきた相手には「電波の届かない場所か、電源を切って・・・」と、こちらも電源が入っていないときとまったく同じアナウンスが流れます。

 

※ちなみに機内モードをオンにした後、”Wi-Fi”や”Bluetooth”機能のみをそれぞれONにすることができます。

 

その機能を使えば・・・

「バッテリーが切れちゃったの」といった嘘をついて着信を拒否しておきながら、ネットサーフィンをしたり通信機能のあるゲームなどをしたりということも出来ますねw

 

 

”機内モード”に関しての質問がいくつか届いたので、こちらの記事にもう少し分かりやすくまとめてみました。参考にしてみてください。

機内モードに関する疑問を解決

 

『おやすみモード』と『機内モード』の違いを分かりやすく一覧表にまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください。

おやすみモードと機内モードの違い!

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)