iPhoneのネットワーク利用制限を確認する方法

スポンサードリンク

ネットオークションなどで売られている中古iPhoneや正規取扱店以外の商品説明を見ると、「ネットワーク制限は掛かっていません」といった文面をよく見かけることがあります。

ここではiPhoneにネットワーク制限が掛かっているか確認する方法を説明していきます。

 

ネットワーク利用制限とは?

ネットワーク利用制限というのはiPhoneの通信サービスを利用できなくすることで、窃盗など不正入手されたiPhoneに対して各キャリアが行なう制限のことです。

ネットなどで中古iPhoneを購入する際には、事前にネットワーク利用制限が掛かっていないか確認しましょう。

また自分のiPhoneが盗難にあった場合は、携帯電話会社に連絡して利用制限を掛けることを忘れないようにしましょう。

関連:iPhoneを探すがオフの状態で紛失したときは

 


スポンサードリンク

ネットワーク利用制限が掛かる原因

  • 窃盗や詐欺などの犯罪行為により不正取得されたiPhone
  • 虚偽の情報(氏名・住所・生年月日)や偽造された書類で契約された場合
  • 本体代金の支払いを怠った、またはその恐れが高い場合

 

ネットワーク利用制限の判定について

「◯」

ネットワーク利用制限は掛かっていません。

ただし、今後不正契約などが発覚した場合は、利用制限の対象になる可能性があります。

「△」

現在は制限が掛かっていませんが、今後制限が掛かる可能性がある状態です。

本体代金の支払いが滞った場合などは、利用制限が掛かることがあります。

※中古で購入する場合、「◯判定」のiPhoneより安価な事が多いですが、元の持ち主の支払い状況によって制限されることがあるので注意が必要です。

 

「✕」

ネットワーク利用制限が掛けられています。

※あくまでも各キャリアが提供するネットワークが利用できないということですので、Wi-Fiでインターネットに接続することは可能です。


スポンサードリンク

ネットワーク利用制限を確認する方法

1.iPhoneの製造番号(IMEI)を確認する

製造番号(IMEI)はSIMカード毎に登録されているのではなく、iPhone本体毎に割り振られています。

まずはiPhoneの製造番号を確認しましょう。(表示場所は機種によって異なります)

 

【iPhone本体の背面】

製造番号 背面

 

【SIMトレイの背面】

製造番号 SIMトレイ

 

【箱の裏にも】

製造番号 箱

 

2.対象キャリアの確認サイトにアクセスし、製造番号を入力する

docomo

au

SoftBank

 

最後に

今回はiPhoneのネットワーク利用制限を確認する方法を紹介しました。

iPhone本体が手元にあり電源が入る場合、設定アプリ内から製造番号をコピペすることで入力する手間が省けます。

 

『設定アプリ』→『一般』→『情報』と進み、『IMEI』の項目を長押し。

表示される『コピー』をタップ。

 

※iPhoneを売却する際は下記リンクも参考にして下さい。

関連:iPhoneを売るときの注意点・初期化以外に準備すべきこと

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)